バカデカいSUVやトラックだけがアメ車じゃない! 本物のスポーツカーやドリームカーも存在した (1/2ページ)

noteで書く
バカデカいSUVやトラックだけがアメ車じゃない! 本物のスポーツカーやドリームカーも存在した

7割がライトトラックの国にもスポーツカーはある!

 アメ車と聞いて、何を連想するだろうか?

 近年では、SUVの本家本元として、シボレーならば「タホ」に「サバーバン」、これらと車体や一部エンジンを共有するキャデラック「エスカレード」やGMC「ユーコン」。

【関連記事】いまの日本には存在しない「熱」がある! 日本に導入されれば「当たりそうな」アメ車4選

シボレー・サバーバンのフロントスタイリング画像はこちら

 また、日本でもトヨタ「ハイラックス」のブームが到来しているが、トヨタ系のアメリカピックアップトラックといえば、「タンドラ」と「タコマ」。

トヨタ・タンドラのフロントスタイリング画像はこちら

 アメリカ市場全体の7割が、SUVとピックアップトラックが属するライトトラックに占められている現在では、日本人のアメ車のイメージがライトトラック系に向くのは当然だろう。

 では、スポーツカーについてはどうだろうか?

 筆頭は、シボレー「コルベット」である。最新モデルはフェラーリライクなリヤミッドシップへと大変身し、コスパ最強のスーパーカーというイメージになった。

シボレー・コルベットの走行シーン画像はこちら

 そもそも、コルベットはアメ車の中では特別な存在であり、単なるスポーツクーペではなく、いつの時代でも近未来を想定したアメリカ人にとってのドリームカーだった。

 小型スポーツとしては、2000年代半ばに、ポンティアック「ソルスティス」とサターン「スカイ」という兄弟車があったが、西海岸でロードスター(NB)と乘り比べると、エンジンも車体も、なんとも大味で驚いた。結局、このカテゴリーでアメリカは根付かなかった。こうしたマーケットに、「86」と「BRZ」がスッポリまったいるといえるだろう。

2021年型トヨタGR86のフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報