なんと「クラウン」に「KTM X-BOW」! S耐で走る「珍車」レースマシンたち (1/2ページ)

なんと「クラウン」に「KTM X-BOW」! S耐で走る「珍車」レースマシンたち

クラウンのレーシングマシンが活躍

 全9クラスで争われるスーパー耐久シリーズは豊富な車種ラインアップを誇っており、ST-Xクラスに参戦するGT3、ST-ZクラスのGT4、ST-TCRクラスに参戦する国内外の国際規定モデルのほか、ST-2クラスからST-3クラスに参戦する国内規定モデルまでさまざまなマシンがエントリー。

 世界的に見ても多彩な車種バリエーションとなっているのだが、それゆえにスーパー耐久でしか見ることのできない“珍車”も多く、他のカテゴリーでは見られないマシンが最前線で活躍している。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

スーパー耐久のレース風景画像はこちら

 なかでも特筆すべき一台がST-3クラスに参戦する52号車「埼玉トヨペットGBクラウンRS」だと言えるだろう。ST-3クラスは排気量2001cc〜3500ccまでの後輪駆動車を対象にしたクラスで、レクサスRC350や日産フェアレディZが参戦しているが、そのなかにスーパーGTにトヨタGRスープラを投入する埼玉トヨペットGreen Braveがトヨタ・クラウンRSを投入。クラウンとしてはおそらく世界唯一のレーシングマシンで、まさにスーパー耐久が誇る珍車と言えるだろう。

スーパー耐久で活躍する珍しいクルマ画像はこちら

 同マシンがデビューしたのは2020年の開幕戦として開催された富士24時間レースで、同チームのチーフエンジニア、近藤收功氏が「レースには不向きなクルマ」と語れば、ドライバーのひとり、平沼貴之選手も「ドライビングが難しい」と語っていだが、富士24時間を制し、デビューウインを飾ったほか、最終戦のオートポリスでシーズン2勝目を獲得したことは記憶に新しい。

スーパー耐久で活躍する珍しいクルマ画像はこちら

 2021年も第2戦のSUGOを制するなど、話題性だけでなく、パフォーマンスでも抜群の実力を見せているだけに、今後もスーパー耐久の名物モデルとして注目したい。

画像ギャラリー