トーヨータイヤを履いて激走800km! 過酷なオフロードレースで三浦昴選手がクラス優勝を達成

トーヨータイヤを履いて激走800km! 過酷なオフロードレースで三浦昴選手がクラス優勝を達成

荒涼とした砂漠や鋭利な岩肌の山岳地帯800kmを4日間で走破

 ネバダ州ラスベガスから同州リノを目指し、砂漠や山岳地帯のなか、総行程800kmという長い距離を走破するタフなオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」。8月11日(水)から14日(土)にかけて行われたこの過酷なオフロードレースで、トーヨータイヤ製「OPEN COUNTRY SxS」を履いたチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(トヨタ車体株式会社)の三浦昂選手が、初参戦でクラス優勝を果たした。

【関連記事】フランスはミシュラン! イタリアはピレリ! なぜ日本は「世界規模のタイヤメーカー」が多数存在するのか?

画像はこちら

 三浦選手が出場したクラスは、Best in the Desertシリーズ独自の車両規格を定めたUtility Task Vehicle (UTV)を用いて走る「UTV Sportsmanクラス」。途中リタイアのチームも続出するなか、三浦選手のUTVと「OPEN COUNTRY SxS」は類稀なる耐久性とパフォーマンスを発揮し、三浦選手にとって初めての北米オフロードレース参戦での完走およびクラス優勝となった。

画像はこちら

 トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY」シリーズは、過酷な条件下で開催されている国際的なオフロードレースでのノウハウを活かし、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で両立したタイヤブランドで、高い基本性能に加えてアグレッシブなパターンデザインも特徴。大型SUV車両が普及している米国では高く評価、支持されている。

 三浦選手のUTVが履いた「OPEN COUNTRY SxS」は、「OPEN COUNTRY M/T-R」の性能とデザインを、サイド・バイ・サイド・ビークル専用に小型化したもので、過酷なオフロードレースへの参戦を通して開発された耐久性の高い構造と最先端のコンパウンドにより、岩場やぬかるみ、凹凸のある道でも、レスポンスの良いトラクションを発揮する。

画像はこちら

 三浦選手は、「今回、初めて北米のオフロードレースに参戦させていただき、数えきれないほど多くの発見がありました。北米オフロードレース未経験の日本人選手の挑戦をサポートするという、トーヨータイヤ様の新たな取り組みに関われたことを光栄に思うとともに、私にこのような世界の舞台へチャレンジする機会を与えてくださったことに感謝しています。また、「OPEN COUNTRY SxS」が、あの過酷なルートをノーパンク、無交換で私の走りを支え、クラス優勝という最高の結果に導いてくれました。ご声援ありがとうございました」と優勝コメントを寄せた。

画像ギャラリー