人気オプションの”Travel Assist”を追加し安全性強化! フォルクスワーゲンT-Crossが仕様変更 (1/2ページ)

人気オプションの"Travel Assist"を追加し安全性強化! フォルクスワーゲンT-Crossが仕様変更

この記事をまとめると

■フォルクスワーゲンT-Crossがマイナーチェンジ

■同一車線内全車速運転支援システム”Travel Assist”をオプションに追加

■Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”をオプション設定

数々のオプション装備がアップグレード

 日本の道路環境にあったコンパクトなボディサイズによる取りまわしの良さとラゲッジルームの広さなどの実用性の高さで、2020年の輸入車SUVとしてトップの販売台数を誇るフォルクスワーゲンT-Cross。そんなT-Crossが仕様変更を受けた。

【関連記事】【試乗】VWの新型SUV「Tクロス」&「Tロック」の走りやいかに? 名前は似てても走りの差は大きかった

フォルクスワーゲンT-Crossのフロントスタイリング画像はこちら

 今回の仕様変更では、人気オプションのテクノロジーパッケージに新たに同一車線内全車速運転支援システム”Travel Assist”を追加し、さらなる安全性の強化が図られている。

 この運転支援システムは0-210km/hの範囲でドライバーが予め設定した車速において、前走車との車間および走行レーンの維持をサポート。ステアリングホイールに設置されている”Travel Assistボタン”を押すだけでシステムを起動することができ、高速道路などの長距離移動において安全性の向上と疲労の軽減に寄与してくれる。

フォルクスワーゲンT-CrossのTracel Assistのイメージ画像はこちら

 また、ステアリングホイールには静電容量式センサーを採用することで、軽く手を添えるだけで同システムの継続的な作動が可能となり、大幅に快適性が向上している。

 その他、ナビゲーションシステムを利用できるDiscover Mediaパッケージが、今回の仕様変更により新たに9.2インチの大型モニターを搭載したDiscover Proパッケージへとアップグレードされた。

フォルクスワーゲンT-Crossの9.2インチモニター画像はこちら

画像ギャラリー