現場の声では「やっぱり5年待ち」の可能性も! 新型ランクルを買うなら「つなぎ」で「プラドの新車」がアリだった (1/2ページ)

noteで書く
現場の声では「やっぱり5年待ち」の可能性も! 新型ランクルを買うなら「つなぎ」で「プラドの新車」がアリだった

この記事をまとめると

■ランドクルーザーの人気は高く納期は5年とも言われるほどだ

■納車まで5年待つことになったらどうするのが最適か検討してみた

■まずランドクルーザー プラドをつなぎとして購入すると仮定した

ランドクルーザー プラドを“つなぎ”で購入!?

 半導体不足やASEANからの部品供給問題などで、国内で販売される多くの新車が深刻な納期遅延となっている。しかし、そのような納期遅延車を寄せつけないほど深刻な納期遅延となっているのが、2021年8月に発売となった、ランドクルーザー300である。

 筆者がつかんだ情報によると、2022年より日本向け生産台数が減産となるのではとの話もあるので、それを加味して、納車まで5年ほどかかるのではないかとのことであった。ただ、“短期間での名義変更はしない”などの念書を契約時に交わすことなどで、いわゆる“転売ヤー”などへの販売を防ぐといったことも行っており、もう少し納期は早まるのではないかともいわれている。

【関連記事】新型ランクルの5年納期って長すぎだろ! だったら乗るべき「後悔しない」ライバル車4選

トヨタ・ランドクルーザーのフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみに、メーカーであるトヨタは、メーカー系正規ディーラーに向けては“2年以上”と案内しているようである。現場のセールスマンは「納車が2年以上となれば、5年となっても一緒です」と語ってくれた。

 筆者は実際このランドクルーザー300のステアリングを握る機会を得たのだが、筆者としては長期間となるものの、「5年待ってもいいかな」と思ってしまうほど好印象を持った。オフロードコースを走ったわけではないので、走破性などは確認していないが、市街地を運転している分には、そのイメージは“背の高い高級サルーン”そのもの(実際試乗したグレードはそのようなニーズを狙っているようだ)。静粛性、サスペンション性能、どれをとっても「なるほど」と言ってしまうものであった。

トヨタ・ランドクルーザーの走り画像はこちら

 そこで筆者が仮にランドクルーザー300を購入し、納車まで5年待つことになったらどうするのかを考えてみた。

 考えた結果は、契約したらまずランドクルーザー プラドを“つなぎ”で購入することにした。これは、以前南カリフォルニアのレクサス店を取材した時に、「ある白人のお得意様が乗っておられたクルマの調子も悪いので、新型LS(デビューしたばかり)に乗り換えたいと店頭にこられました。ただ、デビューしたばかりで、さすがに店に在庫はなくしばらく待つことになるとお伝えると、おもむろに小切手を出して、『あれを乗って帰るよ(アメリカはそのまま乗って帰ることができる)』とESをさして、小切手に金額を書き入れて渡してくれました。『LSがきたらどうするのですか』とお聞きすると、『その時はワイフへこのESをあげるよ』と言って乗って帰られました」という話を思い出し参考にしてみた。

 最近街をクルマで流していると、店頭にランドクルーザープラドを展示しているディーラーをポツポツと見かける。この動きも、「ああ、つなぎでプラドどうですかとセールスマンが勧めているのかなあ」と思ったのも参考にして検討してみることにした。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報