正しく「読めない」「書けない」「憶えられない」! 別に難解でもないのにナゼか「間違えられがち」な名前のクルマたち (1/2ページ)

正しく「読めない」「書けない」「憶えられない」! 別に難解でもないのにナゼか「間違えられがち」な名前のクルマたち

この記事をまとめると

■間違われがちな名前を持つクルマがいくつか存在する

■例えば、三菱ミラージュ XYVYXを正確に書くのはかなり難しい

■ほかにも具体車種をいくつか挙げ、紹介する

三菱ミラージュのグレード「XYVYX」は超難解!

 あくまで一般論ではあるが、年配の方は「カタカナ」を苦手とする場合が多い。

 私が15年ほど前まで勤務していた中小出版社の社長は――当時60代だったと思うが――どうしても「スウェーデン」というカタカタを正確に書くことができなかった。彼が書くスウェーデンは常に「スエーデン」または「スウエーデン」になってしまっていた。

 なぜいきなりこんな話をしているかといえば、今回WEB CARTOPから私に与えられたお題が「車名のなかには、なかなか正確に覚えてもらえない難解な車名がある。それを紹介せよ」というものだったからだ。

 ……そんなことって実際にあるのだろうか?

 たしかに、1980年代に発売された三菱ミラージュ ザイビクスの英字表記は「……XYVYXだったっけ? それともZYVXXとかだったっけ?」と毎回迷う。ググらないと、いまだにザイビクスの英字車名を書けない私である。

【関連記事】【これぞ名車の証し】車名ではなく「型式」で愛されたクルマたち

三菱ミラージュ ザイビクスのフロントスタイリング画像はこちら

 だが、あまりにも変態的な車名だった三菱ミラージュ ザイビクス以外のクルマについては、年配の人でさえなければ「車名を正確に覚えられない」なんてことはないのではないか?

 ……などと考えていた私のMacBook Airに、1通のメールがポポポーンと届いた。今やっている仕事に関係するA氏からであり、A氏の年齢はたぶん40代。若くはないが、「年配」というほどの年ではない。

 そんな彼からのメールの件名は、下記のとおりだった。

「アルジャジーラ大宮の件」

 ……はて。私は中東の衛星テレビ局である「アルジャジーラ」に関係する仕事をした覚えはないし、そもそもアルジャジーラがあるのは埼玉県ではない。カタールである。

 まぁもうおわかりのこととは思うが、これは「大宮アルディージャ」というJリーグのサッカークラブについての件名を、A氏が「アルジャジーラ大宮の件」と書き間違えたのである。

 A氏がアルディージャをアルジャジーラと書いてしまった理由は、彼が40代というけっこうなおっさんだからだろうか?

 違う。

 理由は、彼が「サッカーにほとんど興味がない人だから」である(のちに本人がそう言っていた)。

サッカーのイメージ画像はこちら

 人は、興味がある分野の名称に関しては難解であってもすぐに覚えるし、そうそう間違えるものでもない。だが興味がないと、A氏のような優秀な人(超有名雑誌の前編集長)であっても容易に間違えるのだ――というのが、「アルジャジーラ大宮事件」から私が学んだことだった。

 であるならば、WEB CARTOP編集部が言うこともよくわかる。

 これをお読みのカーマニア各位は「バカ言えよ、これを間違えるはずねえだろ!」と思うような車名でも、クルマにさして興味がない一般層の方がしばしば言い間違えたり、間違えて覚えたりする車名というのは、たしかに多数あるはずなのだ。

画像ギャラリー