成功者は「緑」を身につけるという噂も! 緑色のボディが印象的なクルマ7選 (1/2ページ)

成功者は「緑」を身につけるという噂も! 緑色のボディが印象的なクルマ7選

この記事をまとめると

■グリーンが印象的なクルマは意外にも多い

■限定車やオーダーで頼める特別なグリーンも存在する

■成功者はグリーンを愛用しがちらしい

心が落ち着くグリーンの愛車でのんびりドライブはいかが?

 心を落ち着かせたり、ヒーリング効果がある反面、生命のエネルギーを感じさせる色でもあるというグリーン。昔からクルマのボディカラーにも用いられており、レースシーンではアリタリアカラーのランチア・ストラトスや、ル・マン24時間レースで優勝したマツダ787Bの配色で印象的です。

【関連記事】乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

787B走り画像はこちら

 市販車では往年の英国車が好んで塗っていた深いグリーンを「ブリティッシュグリーン」と呼び、現在でも多くの車種に用いられて人気があります。今回はそんな、とくにグリーンが印象的なクルマたちをご紹介したいと思います。

1)ダイハツ・タフト

 まず現行モデルで話題となったのが、ダイハツ・タフトのフォレストカーキメタリック。レイクブルーやサンドベージュ、レモンスカッシュといった自然のものにちなんだボディカラーが多く揃えられているタフトの中でも、ひときわワイルドで遊び心のあるタフトの魅力を引き出していると感じるカラーです。

タフト全体画像はこちら

 このカラーに、アクセサリーでメッキがギラギラするフロントグリルをつけると、とたんに印象がワルワルになってプチハマーといった感じに。でも女性が乗っても似合うという、とても魅力的なグリーンです。

2)三菱eKクロススペース

 同じ軽自動車で同じグリーン系でも、こちらはどこか艶々とした大人っぽさを感じさせるのが、ミツビシ・ekクロススペースのオリーブグリーンメタリック。

eKクロススペース全体画像はこちら

 確かに、太陽をいっぱいに浴びて実ったオリーブの実のようなグリーンですが、ホワイトルーフとの組み合わせで地味になりすぎず、コントラストがオシャレな1台に。モノトーンカラーでは選べない、ツートーンカラー専用色となっています。

3)レクサス用

 3台目は、レクサスのラグジュアリーなコンバーチブルにとても似合っている、テレーンカーキマイカメタリック。ブリティッシュグリーンに近い深みのあるグリーンですが、どこかウグイスあんのような、お抹茶のような、和のテイストを感じさせるのはレクサスの美学のせいでしょうか。

レクサス各車並び画像はこちら

 陰影のコントラストが強く、ムラのでない限界まで大粒のマイカ粒子で輝きを出したのが特徴となっています。キャメルカラーのオールレザーでエレガントなインテリアとのマッチングも最高に美しい1台です。

画像ギャラリー