ロングボードもまるっと飲み込むシトロエン・ベルランゴがサーフブランドとコラボ! 特別仕様車「サーフエディション・バイ・リップカール」が登場 (1/2ページ)

ロングボードもまるっと飲み込むシトロエン・ベルランゴがサーフブランドとコラボ! 特別仕様車「サーフエディション・バイ・リップカール」が登場

この記事をまとめると

■シトロエンの人気MPVであるベルランゴにサーフブランドとコラボした特別仕様車を設定

■グレーのボディカラーに砂丘と太陽をイメージしたマットイエローがあしらわれる

■ベルランゴ初となるグリップコントロールを標準装備

シトロエン・ベルランゴにリップカールとのコラボモデルが登場

 2019年10月、正式導入に先立って設定した「デビューエディション」のオンライン受注が5時間半でソールドアウトになってしまうほど人気のシトロエン・ベルランゴ。2020年8月には晴れて正式導入とあいなったが、その売れ行きを見ると、まだまだ人気は継続中のようだ。

 そんなシトロエン・ベルランゴに、サーフブランドの「Rip Curl(リップカール)」とコラボレーションした特別仕様車「ベルランゴ・サーフエディション・バイ・リップカール」が登場した。リップカールとのコラボレーションは、2021年4月に日本で発売された「C3エアクロスSUV サーフエディション・バイ・リップカール」に続く第2弾となっている。

【関連記事】日産版のルノー・カングーが登場! バンとワゴンをラインアップしてタウンスターを欧州市場に投入

ベルランゴ・サーフエディション・バイ・リップカールのフロントスタイリング画像はこちら

 ベルランゴはもともと、2列目3座独立シートやたっぷりの収納スペース、ガラスのみの開閉もできるリヤゲートなどを持ち、さらに、助手席を前に倒せば最長2.7mの長尺物を積載できるだけの積載能力を秘めているだけに、サーフライフのパートナーにはうってつけのモデルだ。

 ベルランゴ・サーフエディション・バイ・リップカールは、ベルランゴの「SHINE」グレードをベースにしており、同モデルとして初となるグレーメタリックのエクステリアカラーに、ゴールドを彷彿とさせるマットイエローをアクセントとしてあしらう。このマットイエローは、砂丘や太陽の光からインスピレーションを受けたもので、エアバンプやフォグランプベゼルに採用されており、グレーメタリックのボディとのコントラストが非常に映える。フロントドアとリアクォーターガラスには控えめにリップカールロゴがあしらわれる。前後バンパー、サイドミラー、ホイールはあえてブラックを採用することで、精悍さをプラスしている。

ベルランゴ・サーフエディション・バイ・リップカールのリアクォーターガラスにあしらわれたリップカールロゴ画像はこちら

画像ギャラリー