レーシングカーの証? 市販車にも付いてるけど何? 「GT3やGT4」の意味 (1/2ページ)

レーシングカーの証? 市販車にも付いてるけど何? 「GT3やGT4」の意味

この記事をまとめると

■「GT●」の車名はFIA規定の競技車両カテゴリー公認取得モデルに与えられたもの

■参戦コストの増加で衰退したGT1、GT2に対し、GT3は一定以上の成功を収めている

■近年、車両価格が2000万円強で収まるGT4への注目が高まっている

競技車両カテゴリー公認取得をアピールするためのもの

 スポーツカーやレーシングカーの末尾についている「GT3」とか「GT4」という名称が気になったことがないだろうか? あれは、FIAこと国際自動車連盟(Fédération Internationale de l’Automobile)が規定するところの競技車両カテゴリー。つまり、レースのためにFIAから型式公認を取得したモデルであるがゆえ、わざわざ名のっているということだ。クルマが高性能である証ともいえるが、それは百点満点の正解でもない。どういうことか説明しよう。

【関連記事】もはや車名など不必要!? 誰もが知ってるクルマの超有名なグレード名8つ

ポルシェ911 GT3のリヤエンブレム画像はこちら

 GT3以前に、GT2やGT1があったことは周知のとおり。じつは「GT」というかハコのスポーツカーの競技車両規定は一時、FIAの手を離れた空白期間があった。60年代からのスポーツ・プロトタイプの流れを汲んでいたグループCおよびSWCが1992年に終了してしまい、BPRモータスポーツというオーガナイザーが1994年より3シーズン、市販車で争う世界耐久選手権を開催していた。

 BPRとは、長年ポルシェのワークスドライバーでカスタマーコンペティション部門マネージャーだったユルゲン・バルト、自動車の「ツール・ド・フランス」をヒストリック・イベントとして復活させたパトリック・ピーター、ヴェンチュリのワンメイクレースを主催していたステファヌ・ラテル、この3人の姓の頭文字だ。

ポルシェのワークスドライバーだったユルゲン・バルト氏画像はこちら

 鈴鹿1000kmを含む年間8~12戦のシリーズで、そのほとんど4時間レースと、当初はアマチュアドライバーの参戦を見込んだ。だがBPR-GT1クラスにはマクラーレンF1やF40が、さらに同GT2にはポルシェ911(993)GT2らが出走し、元F1ドライバーらも多数参戦する盛り上がりとなり、ル・マン24時間の主催団体ACOやFIAが黙って見過ごすはずもなかった。

 かくしてBPRのGT車両規定を叩き台に、ル・マン24時間というビッグレース、ひいてはFIA世界選手権へと繋がる枠組みが形成され、そこへ世界中の自動車メーカーが殺到した。それがマクラーレンF1 GTRであり、ポルシェ911 GT1であり、メルセデス・ベンツCLK-GTRなのだ。

メルセデス・ベンツCLK-GTRの走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー