電気自動車の新型SUV見参! 中国で三菱が新型SUV「エアトレック」を世界初公開 (1/2ページ)

電気自動車の新型SUV見参! 中国で三菱が新型SUV「エアトレック」を世界初公開

この記事をまとめると

◼︎三菱が中国で新型SUVを発表

◼︎「エアトレック」が13年ぶりに復活する

◼︎電気自動車(EV)としてリリースされる予定だ

三菱がEVのSUVを世界初公開!

「エアトレック」といえば、2000年代前半から三菱にて販売されていたSUVで、馴染みのある人も多いのではないだろうか。

 そんなエアトレックは、2008年に生産が終了して以降しばらく姿を消していたのだが、中国における生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司が、広州モーターショーにて参考出品にはなるが、SUVタイプの電気自動車として新型SUV「エアトレック」を世界初披露した。これにより、エアトレックの名が13年ぶりに復活したことになる。

【関連記事】「懐かしさ」や「先祖の力」狙いじゃない! 「復活車名」は「商標登録」で使いやすいからだった

エアトレック全体画像はこちら

今回発表の新型「エアトレック」は、”Electric(電気自動車の「電気」)” “Expanding(カーライフの「拡張」)””Expressive(三菱自動車らしさの「表現」)”という3つのキーワードからなる「”e”-cruising SUV」というコンセプトを元にデザインされており、フロントフェイスの「ダイナミックシールド」やテールゲートの六角形モチーフに代表される一貫した三菱自動車のデザインアイデンティティを取り入れ、三菱らしさを前面に押し出した1台となっている。

エアトレックリヤ画像はこちら

画像ギャラリー