誕生から10年を迎えた軽自動車のパイオニアがお色直し! ホンダ「N-BOX」が一部改良&特別仕様車を設定

誕生から10年を迎えた軽自動車のパイオニアがお色直し! ホンダ「N-BOX」が一部改良&特別仕様車を設定

この記事をまとめると

◼︎N-BOXが誕生から10周年を迎える

◼︎一部改良と特別仕様車を設定した

◼︎HondaウェルカムプラザではNシリーズの特別企画展を開催する

大ヒット軽が記念すべき10周年!より便利な1台に生まれ変わった

 ホンダのNシリーズのなかでも、軽でありながら広い室内空間で人気の高い「N-BOX」が、誕生から10周年という記念すべき年を迎えた。それを記念して、N-BOXは一部改良を実施し、併せて特別仕様車も設定する。

【関連記事】購入済みユーザーからのクレームはないが中古市場は荒れ模様! S660の追加生産にみられるホンダの混迷

N-BOX Custom とLPL並び画像はこちら

 一部改良の内容としては、要望の多かった電子制御パーキングブレーキや、ACCの渋滞追従機能の追加などを実施し、より多くの人に親しみを持ってもらえるような改良が施された。12月17日(金)より販売が開始されるとのことだ。

N-BOX電子サイドブレーキ画像はこちら

 10周年を記念した特別仕様車では、「N-ONE」「N-WGN」「N-BOX」「N-VAN」のNシリーズに共通した新ブランド「N STYLE+」を設定。その第一弾として今回は特別仕様車の「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」を登場させる。

N-BOX Custom STYLE+ BLACK全体画像はこちら

 この「N STYLE+」は、Nのさまざまな世界観を提案する、クルマ遊びの楽しさを高めた新ブランドという位置付けで、今回設定される「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」は、上質さと精悍さを兼ね揃えた1台。

 ブラックをアクセントカラーとしたエクステリアデザインが特徴で、フロントグリルやリヤライセンスガーニッシュなどにベルリナブラック加飾を加えている。

N-BOX Custom STYLE+ BLACK グリル画像はこちら

 また、ホイールやエンブレムには専用のブラック塗装が施されているので、より特別なN-BOXに仕上がっているとのこと。「自分らしさ」や「個性」を求めるユーザーへ向けた新たなグレードだ。第二弾以降も各車の世界観に合わせた仕様が用意されているので、楽しみにしていてほしい。

N-BOX Custom STYLE+ BLACKホイール画像はこちら

 価格は以下の通りとなる。

 N-BOXが144万8700円〜204万2700円。スロープ仕様は164万7000円〜206万8000円。

 N-BOX Customは178万9700円〜252万2800円。スロープ仕様は200万7000円〜212万8000円。

 N-BOX Custom STYLE+ BLACKは192万9400円〜219万100円。

 なお、Nシリーズ10周年特別企画展「N Marche(エヌ マルシェ)」をHondaウェルカムプラザ青山で開催。Nシリーズを中心とした「Nのある豊かな生活」をテーマに、さまざまな商品や車両を見ることができる。Nシリーズと一緒に展示されているアイテムはその場で購入することも可能とのことだ。なお、SNSで「#Nのある生活」というハッシュタグで投稿された中から、厳選されたNシリーズの使い方を参考にして、それらを再現したというユニークな展示などもされるのでこちらも必見だ。

N-BOXが10周年を迎える画像はこちら

 こちらの期間は1月15日(日)〜2月7日(月)。”ここ10年でもっとも日本で売れたクルマ”であるホンダ独自のアイデアが詰まったNシリーズ。ぜひ、イベントを通じて改めてその良さを知ってもらいたい。

N-BOXが10周年を迎える画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報