新開発ミッション搭載で燃費大幅UP! ボルボV60 B4に新開発DCT採用

noteで書く
新開発ミッション搭載で燃費大幅UP! ボルボV60 B4に新開発DCT採用

この記事をまとめると

◼︎ボルボ「V60 B4 Momentum」がマイナーチェンジを敢行

◼︎新開発の7速DCTを搭載する

◼︎燃費が12.4%向上している

エントリーグレードに新開発ミッションを搭載!

 ボルボの人気ステーションワゴン「V60」のエントリーモデル「V60 B4 Momentum」に、新開発の7速DCTを採用し、12月16日より販売を開始した。

 優れた燃費性能と走行性能を実現する新しいDCTは、湿式デュアルクラッチを採用し、電子制御の機械式ギヤシフトアクチュエーターを採用したことが特徴となっている。また、一定の条件下では、アクセルオフによるコースティング時に、エンジンを停止させる機能も備わる。

 この7速DCTの搭載によって、WLTCモードによる燃料消費率が、従来の13.7Km/ℓから15.4Km/ℓと12.4%向上し、令和12年度燃費基準65%達成(パノラマ・ガラス・サンルーフ装着車:70%達成)により、エコカー減税(自動車重量税)25%軽減、環境性能割税率2%が適用となる。

 価格は499万円のままで、価格の変更がないのも嬉しいポイントだ。

 より燃費が伸びた最新のDCTを装備した「V60 B4 Momentum」、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

画像ギャラリー


新着情報