メルセデス・ベンツGLEの2リッターディーゼルがMHEVに! SUV4モデルの装備を変更して価格も変更 (1/2ページ)

メルセデス・ベンツGLEの2リッターディーゼルがMHEVに! SUV4モデルの装備を変更して価格も変更

この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツGLE 300 d 4MATICにISGを装備して電動化を実施

■GLE/GLEクーペ、GLC/GLCクーペの装備を一部変更

■GLE/GLEクーペ、GLC/GLCクーペの価格を引き上げ

GLE 300 dがISG搭載でマイルドハイブリッドに!

 コンパクトからフルサイズ、さらにはイメージリーダーとなっているGクラスなど、魅力的なSUVをフルラインアップしているメルセデス・ベンツ。なかでもGLEは、余裕のあるサイズと高級車に違わない充実した装備、SUVとしての高い走破性を兼ね備えたモデルとして人気を博している。

 そんなGLEには、2リッターディーゼルエンジンを搭載するGLE 300 d 4MATICがラインアップされているが、この度、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を装備して電動化することが発表された。最高出力272馬力、最大トルク550Nmを発生する2リッター直4クリーンディーゼルエンジンに最大20馬力・200Nmのブーストが可能なISGが組み合わせられたことで、振動や騒音が低減。力強い走りが実現している。

【関連記事】ライバルメーカーの「フェラーリとランボ」「メルセデスとBMW」を同じ会社が販売! 高級車でお馴染みのコーンズとヤナセって何もの

merusedesu・ベンツGLE 300 d 4MATICのフロントスタイリング画像はこちら

 また、この仕様変更に合わせて、GLE/GLEクーペ、GLC/GLCクーペの装備も変更された。前述の4モデルでは、Apple CarPlay および Android Autoに対応したスマートフォン連携機能が標準装備となり、使い慣れたスマートフォンアプリをメルセデスのメディアディスプレイで使用できるようになった。

画像ギャラリー


新着情報