いま流行の電動キックボード! より厳しくなる取り締まりに注意 (1/2ページ)

いま流行の電動キックボード! より厳しくなる取り締まりに注意

この記事をまとめると

■いま電動キックボードが増えている

■それに伴って事故も増加傾向

■道交法と違反についてまとめた

当然ナンバープレートがあれば免許も必要

 利用者が増えるにしたがって、事故も目立つようになってきた電動キックボード。

 警視庁によると、都内では電動キックボードが関係する事故が2021年1月~11月末までにあわせて60件に上り、16人がけがをしている。警告も今年1~10月だけで157件あったとのこと。

【関連記事】電動キックボードはOKなのにセグウェイはダメ! 公道走行できる「乗りもの」の境目とは?

電動キックボードのイメージ画像はこちら

 そうした中、8月には無免許で電動キックボードを運転し、赤信号を無視して人身事故を起こした20代の女性が、自動車運転処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの疑いで書類送検された例もあった。

 ここで「無免許」とあるとおり、ほとんどの電動キックボードは電気モーター(原動機、定格出力0.60kW以下)を使って走行する仕組みで、道路交通法上の「原動機付き自転車」に該当する。したがって、公道を走るには原付免許が必要で、ナンバープレートやバックミラー、ヘルメットの着用などが必要だ。

電動キックボードのバックミラー画像はこちら

 ということは、道路交通法に反することをすれば、本来原付と同じように罰せられるはずなわけだが、違反した電動キックボードが原付の要件を満たしているかどうかを証明・鑑定するのが厄介だったため、これまで軽微な違反に対しては指導や警告にとどめていた……。

画像ギャラリー


新着情報