「年グルマ」に選ばれた日産ノートシリーズ! 「かなり違う」4モデルの選び方 (1/2ページ)

「年グルマ」に選ばれた日産ノートシリーズ! 「かなり違う」4モデルの選び方

この記事をまとめると

■日産ノートシリーズが2021-2022年日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞を受賞した

■ベースモデルに加え、スポーツモデル、高級モデル、クロスオーバーモデルが揃う

■それぞれが異なる魅力を有し、幅広い層に支持されている

COTY対象を受賞した日産ノートシリーズの魅力は?

 2021-2022年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのが、日産ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECH CROSSOVER(祝!)。受賞理由は「走りの質が大幅に向上した新開発プラットフォームと第2世代e-POWERの組み合わせで、従来のコンパクトカーの概念を大きく変えた。先代モデルから進化したe-POWERは、モデルや駆動方式によって特性を細かく変更。バッテリーEVでなければ味わえないスムースなモーター走行を、優れたシリーズハイブリッドシステムの搭載により手頃な価格で体感できること」があらためて評価された。

【関連記事】やっとオーラで成功! 長い間「泣かず飛ばず」だった国産プレミアムコンパクトの悲哀

日産ノートとノートオーラの2ショット画像はこちら

 基準車のノートに加えて、国産コンパクトカーに質感という概念を持ち込んだノートオーラ、スポーティで楽しい走りのノートオーラ NISMO、アクティブ性能を高めたノートAUTECH CROSSOVERという3つの個性を用意することで選択肢を広げた点でも支持を集めている。とくにノートオーラは、質感の高い内外装を評価する声が多く聞かれた。新型ノートから設定された「高出力リヤモーター搭載のe-POWER 4WDの優れた制御による安定した走りも特筆されている」というものだ。

 ここからは、ノートシリーズ各車に相当な距離を試乗している筆者の視点で、ノートシリーズの各モデルの魅力を紹介したい。まず、3代目ノートは1.2リッターのエンジンで発電し、電欠を心配せずにモーター走行ができるシリーズ式ハイブリッドのe-POWERのみで勝負に出た電動車。

日産ノートのフロントスタイリング画像はこちら

 ガソリンモデルを残さないということには販売上、価格上のリスクを伴うものの、カーボンニュートラル、電動車時代に向けた日産の決断、英断と言うべきだろう。

日産ノートのe-POWERユニット画像はこちら

 しかも、ルノー・ルーテシアと共通する欧州プラットフォームによる走りに定評があり、プロパイロットはバージョン1.5と呼べる第二世代のナビリンク付き(カーブ手前減速制御などを備える)となって、まさに最新のコンパクトカーとして見るべき部分満載の1台なのである。

 そして、そのノートに新たに加わったのが、オーラだ。単なるノートの上級グレードではなく、上質をテーマにしたプレミアムコンパクトとして登場。

日産ノートオーラのフロントスタイリング画像はこちら

 内外装の上級化はもちろん、全幅1735mmのノート初の3ナンバーとなるワイドボディ、ノート比+20mmのワイドトレッドを採用。さらに、e-POWERのモーター最大出力(116馬力→136馬力)や最大トルク(28.6kg-m→30.6kg-m)まで引き上げている。まさに、全方位にこだわったプレミアムな世界観を持つ、コンパクトカーでも上質を重視するユーザー、ダウンサイザーをターゲットとした1台なのである(1.2リッターエンジンのスペックは不変)。だから、上級車、輸入車からの乗り換えも多いと聞く。

 エクステリアのプレミアム化も徹底している。なんとルーフとフロントドア以外はノートと別物。ワイドボディの堂々たる佇まいが特徴的だ。しかも、ピュアEVのアリアと共通するデザインの薄型LEDヘッドライト、世界的トレンドの横一直線のLEDリヤコンビランプを採用するなど、先進感にもぬかりなし。

日産ノートオーラのリヤスタイリング画像はこちら

 タイヤにしてもノートの16インチのエコタイヤから17インチの欧州車の採用例も多いBSトランザに変更するなど、単なるノートの上級グレードの域を超えた、ある意味、別モデルと言っていい仕立てなのである。

日産ノートオーラのタイヤ&ホイール画像はこちら

 インテリアのプレミアムな作り込みにも注目だ。まず目に飛び込んでくるのは12.3インチのTFTアドバンスドライブアシストディスプレイ(クラシック表示とエンハンス表示の切り替えが可能)と、それに連続する9インチの日産コネクトナビ画面。

日産ノートオーラのインテリア画像はこちら

 メーターパネルのサイズはノートと同等だが、見え方がまるで異なる。インパネ、センターコンソール、ドアトリムにはツイード調織物が巻かれ、高級感ある15もの工程を経た微細加工の木目調パネルがあしらわれ、上質感、先進感に溢れ、そして居心地のいいデジタルコクピットが演出されているのだ。

 筆者がとくに感動したのがシートで、ツイード調織物と合皮のコンビシート(ブラック)、3層構造の本革シート(ブラックとグレーの2色)のどちらもが、体の滑りを抑制する深いうね=キルティングラインを持つ表皮デザインで、インテリアの上級感をさらに高めている。

日産ノートオーラのシート画像はこちら

 そして、そのかけ心地、サポート性が秀逸。筆者の体重は60kgちょっとだが、国内外の多くの本革シートは表皮の張りが硬く、そのほとんどがかけ心地の落ち着き感、サポート性で不満が残っていたのである。ところが、オーラの本革シートはソファ的な優しいかけ心地であるとともに、体重による沈み込みでしっかりとサポートしてくれる絶妙な仕立て。いつまでも座っていたくなるほどのシートなのである。ちなみに室内、荷室空間の寸法はノートと変わらない。

 オーラは走ってもプレミアムだ。エコ/ノーマル/スポーツのモードを持つドライブモードのデフォルトとなるエコモードで走り出せば、出足からのモーター走行で滑るように加速する。そしてノート以上の加速の力強さがあるのは当然として、徹底した遮音対策の効果から、ロードノイズの遮断を含め、とにかく静か。つまり、素晴らしく静かに速いということだ。

日産ノートオーラの走行シーン画像はこちら

 ノートは素晴らしく静かにスムースに走ってくれるコンパクトカーだが、それを上まわるモーターパワーならではのドライブフィールが味わえるのである。タイヤのサイズアップ、トレッドの拡大によって操縦性も文句なし。走りのダイナミクス、安定感、限界性能が向上し、結果、狙い通りのオン・ザ・レールなライントレース性、ほんの少しステアリングを切っただけで前後左右の姿勢変化最小限でレーンチェンジが完了する運転のしやすさ(同乗者の快適性含む)が実現されている。これはルノー共用のプラットフォームの基本性能の高さも貢献しているはずである。

 乗り心地に関しては、正直に言ってFFより4WDが上という印象だ。4WDはFFより17インチタイヤの硬さを感じにくく、車格に相応しい角の取れた極上の快適感を示すとともに、リヤモーターがアクセルオフ、減速時の車体の動き(つんのめり)を抑える効果があり、よりフラットな姿勢を保ち続けてくれるからでもある。お尻のセンサーが敏感なドライバーであれば、ときにFRっぽいリヤから押し出されるような駆動フィールにニヤリとするかも知れない……。

画像ギャラリー