2022年も納期遅延に振り回されるのは確実! 2021年12月の新車販売ランキングを読み解く (1/2ページ)

2022年も納期遅延に振り回されるのは確実! 2021年12月の新車販売ランキングを読み解く

この記事をまとめると

■2021年12月の販売台数が発表された

■登録乗用車の販売台数は19万1299台、軽四輪乗用車の販売台数は8万8842台

■軽自動車ではダイハツがトップとなった

納期遅延による悪影響はわずかに改善

 自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から軽自動車、それぞれ2021年12月単月の新車販売台数が発表された。登録乗用車の販売台数は19万1299台(前年比90.8%)、軽四輪乗用車の販売台数は8万8842台(前年比85.0%)となった。

 世界的なサプライチェーンの混乱などにより、国内完成車工場の操業停止などが頻発し始めたのは、2021年9月。そこで登録乗用車について、それまでの2021年1月から8月までの様子を見ると、2月を除き前年比100%以上の新車販売台数となっていた。9月以降の深刻な新車の納期遅延さえなければ、ほぼ確実に2021暦年締め年間販売台数も前年比100%超えしていたことだろう。

【関連記事】目標を下まわるまさかの「販売不振」にあえぐ現行国産SUV3台と「売れない」理由

2021年12月の新車販売台数画像はこちら

 そんな気になる、2021暦年締めでの年間販売台数も発表となった。登録乗用車の年間販売台数は239万9862台(前年比96.8%)、軽四輪乗用車の年間販売台数は127万5836台(前年比95.8%)となっている。

 2022年の新車販売はどうなるのか? 正月3日と4日にかけて初売りセールをスタートさせていた新車ディーラーで話を聞くと、スタートは芳しくない様子が伝わってきた。話を聞いたセールスマンがまず異口同音に語っていたのが、「納期遅延のもっともひどかった、つまり新車がほとんど工場からこなかった2021年9月や10月よりは状況はほんのわずかだが改善している」とのこと。

2021年12月の新車販売台数画像はこちら

 しかし、全般的に納期遅延はまだまだ深刻な状況が続いており、軽自動車でも3~4カ月となる納期が人気車種でも当たり前のような状況が続いている。そのため、すでに事実上、事業年度(4月から翌年3月)締めでの、年度末決算セールはスタートしているのだが、事業年度内に納車の間に合う車種は限定的となっている。

 年間でもっとも新車が売れる年度末決算セールにおいて、新車販売の世界での大原則である、登録(軽自動車は届け出)実績による、販売台数カウントでは2021事業年度末決算セールは厳しいものになるのではないかというのが現状での予測。販売現場では、「年度末に向けメーカーも完成車生産に弾みをつけるだろう」と半ば神頼み的期待を寄せているのが現状である。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報