ベースの「エンツォ・フェラーリ」を超えた美しさ! MC12というマセラティの至宝 (1/2ページ)

noteで書く
ベースの「エンツォ・フェラーリ」を超えた美しさ! MC12というマセラティの至宝

この記事をまとめると

■マセラティMC12はエンツォ・フェラーリをベースにして誕生したスーパーカー

■レース仕様のMC12コンペティツィオーネはFIA-GTのGT1クラスに参戦し活躍した

■MC12コンペティツィオーネの公道版となるMC12ベルジオーネ・コルセも発売された

同門フェラーリのスペチアーレをベースにした贅沢なスーパーカー

 マセラティから、「MC12」と呼ばれる究極のストラダーレが発表されたのは2004年のジュネーブ・ショーでのことだった。それはフェラーリが2002年に399台の限定数を掲げて発表し、エンツォ・フェラーリをベースに開発されたいわばマセラティ版のエンツォともいえるモデルだが、カーボンモノコックの基本構造体などの共通するパートはあるものの、ボディデザインにおいては、エンツォとMC12との間には共通する部分はない。

【関連記事】人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

マセラティMC12のフロントスタイリング画像はこちら

 例のジュネーブ・ショーにおいて大きな話題となったのは、このMC12にロードモデルの「MC12」と、レース仕様の「MC12コンペティツィオーネ」(当初はMC12コルサというネーミングだった)の両方が出品されたことで、実際に後者は2004年後半からFIA-GT選手権のGT1クラスへの参戦を開始した。つまり、当時の両ブランドをコントロールしていたルカ・ディ・モンテゼモーロの胸中では、スクーデリア・フェラーリによるF1GPと、マセラティ・コルセによるFIA-GTの制覇という夢が、MC12を企画開発する段階で得られていたということになるのだろう。

 MC12コンペティツィオーネは、FIA-GT選手権に途中デビューした2004年から素晴らしい活躍を見せた。この年はドイツのオッシャースレーベンなどで2勝をあげるにとどまったが、翌シーズンからの強さは圧倒的なものがあった。

FIA-GT選手権のGT1クラスに参戦していたマセラティMC12コンペティツィオーネ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報