「より手軽に」そして「さらに走りを楽しめる」! CX-8の最上級グレードと特別仕様車にエンジンラインアップ追加

「より手軽に」そして「さらに走りを楽しめる」! CX-8の最上級グレードと特別仕様車にエンジンラインアップ追加

この記事をまとめると

■CX-8の最上級グレードと特別仕様車のエンジンラインアップを拡充

■「エクスクルーシブモード」に新たに2.5リッターガソリンを設定

■「ブラックトーンエディション」に新たに2.5リッターガソリンターボを設定

3種類のエンジンが選べるようになった最上級グレードと特別仕様車

 スタイリッシュさと実用性の高さが人気のSUV、そして広くて快適な空間で多人数が揃って移動できるミニバン。これら両モデルのいいとこ取りをしたようなモデルが、3列シートを備えるSUVといえるだろう。

 2017年にデビューしたマツダCX-8は、上質で洗練されたフォルムに3列シートを備えたクロスオーバーSUVとして親しまれているが、この度、最上位グレードである「エクスクルーシブモード」と特別仕様車「ブラックトーンエディション」のエンジンラインアップが拡充されることになった。

【関連記事】【試乗】CX-5を買ったばかりのレーシングドライバーがショック! 改良された2020年モデルの走りがスゴかった

マツダCX-8エクスクルーシブモードのフロントスタイリング画像はこちら

 具体的には、「エクスクルーシブモード」に2.5リッターガソリンモデルが追加され、「ブラックトーンエディション」に2.5リッターガソリンターボモデルが追加されることになった。

 これまで「エクスクルーシブモード」に用意されていたのは、2.5リッターガソリンターボと2.2リッターディーゼルターボの2タイプであったが、今回2リッターガソリンターボが追加されたことで、より手軽なプライスで「エクスクルーシブモード」を選べるようになった。

 一方、「ブラックトーンエディション」のこれまでのエンジンラインアップは、2.5リッターガソリンと2.2リッターディーゼルターボの2タイプとなっていた。ここに2.5リッターガソリンターボが追加されたことで、ガソリンモデルならではの上質な走りを楽しめるようになったといえるだろう。

マツダCX-8ブラックトーンエディションのフロントスタイリング画像はこちら

 今回新たに設定された25Sエクスクルーシブモードは2WDが421万5200円、4WDが445万1700円、25Tブラックトーンエディションの2WDが409万8600円、4WDが433万5100円となる。

 CX-8に設定される3種類すべてのエンジンを選べるようになった「エクスクルーシブモード」と「ブラックトーンエディションに要注目だ。

画像ギャラリー


新着情報