3台のクルマを出すが失敗ともいわれる異業種合同プロジェクト「WiLL」!  よく考えるとトヨタの先見の明がスゴかった (1/2ページ)

3台のクルマを出すが失敗ともいわれる異業種合同プロジェクト「WiLL」!  よく考えるとトヨタの先見の明がスゴかった

この記事をまとめると

■トヨタはWiLLブランドにおいて3台のクルマを誕生させた

■本プロジェクトは実際のビジネス以上の成果を上げたといえる

■車種の詳細や開発した意図について解説する

3台のオリジナルカーが誕生!

 かつて日本に『WiLL』という異業種合同プロジェクトがあったことを覚えているだろうか。1999年8月の発足時には、アサヒビール、花王、近畿日本ツーリスト、トヨタ自動車、松下電器産業(現:パナソニック)という各業界において日本を代表する5社が集まり、後にコクヨと江崎グリコが参画して、計7社によって進められた一大マーケティングプロジェクトである。

当時のリリース(https://global.toyota/jp/detail/12217380?_ga=2.114354823.1405340349.1643184673-445501249.1525840083

 ターゲットとなっていたのは、団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)を中心としたニュージェネレーション層。従来的価値へ反発を覚えるニュージェネレーションに、伝統的ブランドが選ばれるために、どのようなアプローチが必要かということを考えた、共同プロモーションともいえる。その軸となるのが、オレンジをイメージカラーとした『WiLL』というロゴで、各社がWiLLブランドの商品をラインアップすることで、新しい消費スタイルを刺激しようというものだったと記憶している。

 たとえば、アサヒビールは甘みのある「スウィートブラウンビール」、花王は「空気を洗うミスト』という消臭スプレー、近畿日本ツーリストはシドニーオリンピック観戦ツアー、江崎グリコはチョコレートやタブレット、コクヨはステショーナリーアイテム、松下電器はパソコンやポータブルMDプレーヤー、折りたたみ自転車をWiLLブランドとしてリリースした。

 そしてトヨタは、結果としてWiLLブランドにおいて3台のクルマを誕生させた。

【関連記事】巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

WiLL CYPHAのフロントスタイリング画像はこちら

 1作目が、かぼちゃの馬車のあだ名で呼ばれた「WiLL Vi」(2000年1月)、第二弾がステルス戦闘機のような「WiLL VS」(2001年4月)、そして最後を飾ったのがパイクカー的ルックスの「WiLL CYPHA(サイファ)」(2002年10月)だった。

画像ギャラリー


新着情報