フェアレディZ史に残る伝説の1台! 「432R」とは何ものなのか? (1/2ページ)

フェアレディZ史に残る伝説の1台! 「432R」とは何ものなのか?

この記事をまとめると

■Z432Rをリスペクトした新型フェアレディZのカスタムモデルが超高評価

■「432」の数字はGT-Rと同じS20型エンジンに由来する

■黒く塗られたFRPボンネットやアクリル製に置き換えられたガラスなどで軽量化

新型フェアレディZにZ432Rをイメージしたカスタムモデル登場

 東京オートサロン2022の主役は、なんといっても日産の新型フェアレディZで間違いない。事実、オートサロン出展車両から選ばれる東京国際カスタムカーコンテストのグランプリには、日産自動車が出展した「FAIRLADY Z CUSTOMIZED PROTO」が選出されている。名実ともに、カスタマイズの世界は新型フェアレディZによって2022年をスタートしたといえる。

【関連記事】新型フェアレディZの型式は「Z34」のまま! フルモデルチェンジでも型式が変わらない「謎」に隠れた「日産の良心」

日産フェアレディZ CUSTOMIZED PROTOのフロントスタイリング画像はこちら

 新型フェアレディZ自体、歴代モデルのエッセンスを取り入れたスタイリングが特徴だが、そのカスタマイズバージョンとして参考出品されたコンセプトカー「FAIRLADY Z CUSTOMIZED PROTO」は、初代モデルのレーシングホモロゲーションモデルである「Z432R」をモチーフにしているという。はたして、Z432Rとは、どのようなモデルだったのだろうか。

フェアレディZ432Rの走行シーン画像はこちら

 まずは「432」という数字から読み解いていこう。車名に使われる数字といえばエンジンの総排気量というのが多数派で、ときおり気筒ごとの排気量を示すというモデルもあったりする。Z432の場合もエンジン由来の数字であることは間違いないのだが、排気量とは関係ない。

フェアレディZ432のフロントスタイリング画像はこちら

 ご存じの方も多いだろうが、この数字は「4バルブ・3キャブレター・2カムシャフト」というエンジンメカニズムを示している。いま風にいえば4バルブDOHCで、3キャブレターというのは大容量インジェクターといったイメージだろうか。

フェアレディZ432のリヤエンブレム画像はこちら

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報