スーパーカー扱いしてるのは日本だけ! 昭和の少年の心を鷲づかみにしたペッタンコカー「ロータスヨーロッパ」の真実 (1/2ページ)

スーパーカー扱いしてるのは日本だけ! 昭和の少年の心を鷲づかみにしたペッタンコカー「ロータスヨーロッパ」の真実

この記事をまとめると

■1970年代、スーパーカーとしてロータス・ヨーロッパは絶大な人気を誇っていた

■実際のヨーロッパはスーパーカーではなくライトウェイトスポーツカーだった

■それでもヨーロッパはフォーミュラカーのような操縦感覚のスーパーなクルマではあった

「サーキットの狼」の主人公が駆る特別なマシン

 ロータス・ヨーロッパと言えば、日本では漫画「サーキットの狼」で主人公がドライブしていたことで、スーパーカーブームの中でも特別扱いされた1台。しかし、そのパワーは最高でも126馬力と、当初から400馬力近くを豪語していたランボルギーニ・カウンタックと比べてかなり見劣りする。

【関連記事】伝説の名車「トヨタ2000GT」のフェンダーにある「謎の蓋」! 開けると「トヨタの思い」が詰まっていた

本当はスーパーカーじゃないけどスーパーなクルマだったロータス・ヨーロッパの正体画像はこちら

 それもそのはず、ヨーロッパをスーパーカー扱いしているのは日本ぐらいで、海外ではライトウェイトスポーツとして扱われることが多い。とはいえ数あるライトウェイトスポーツの中で、ヨーロッパの立ち位置は独特だった。F1マシンのような感覚を路上で味わえる、ロードゴーイングフォーミュラだったからだ。

本当はスーパーカーじゃないけどスーパーなクルマだったロータス・ヨーロッパの正体画像はこちら

 当時、ロータスにはエランもあったが、こちらはFRPモノコックボディという革新的な構造のエリートの後継車で、GT的な位置づけだった。対するヨーロッパは、現在はケータハムが生産しているセブンに代わるモデルとされた。

本当はスーパーカーじゃないけどスーパーなクルマだったロータス・ヨーロッパの正体画像はこちら

 セブンが登場した当時は、F1はまだフロントエンジンだったが、まもなくミッドシップに移行していく。そこでミッドシップのヨーロッパを提案したのだ。

名前:
森口将之
肩書き:
グッドデザイン賞審査委員
現在の愛車:
1971シトロエンGS/2002ルノー・アヴァンタイム
趣味:
ネコ、モーターサイクル、ブリコラージュ、まちあるき
好きな有名人:
ビートたけし

画像ギャラリー


新着情報