ギヤ比の改良で電費が向上! プジョー e-208/e-2008が仕様変更を実施

noteで書く
ギヤ比の改良で電費が向上! プジョー e-208/e-2008が仕様変更を実施

この記事をまとめると

■ギヤ比の変更などによって電費が向上

■これにより補助金も増額となった

■シフトスイッチも形状を変更し使い勝手が向上している

両モデルそれぞれ15〜20kmほど走行距離が伸びた

 フランスの老舗自動車メーカー「プジョー」のラインアップの中でも、世界中で人気がある208は同社を代表するコンパクトカーだ。

 そんな208は、2020年より日本にシリーズ初となるEVモデルを投入している。それが「e-208」だ。また、コンパクトSUVにも「e-2008」を投入し好評を博している。実際に、それは数字にも表れており、2021年の販売実績は、それぞれシリーズ全体の約11%/13%を占めるほどだという。

 そんな絶好調なe-208/e-2008が一部改良を実施した。

 今回の仕様変更では1回当たりの充電走行距離を延長し、それによりCEV補助金の増額を達成することに成功しているという。また、ガソリンエンジンモデルと同様に、新デザインのオートマチックセレクターを採用したことで操作性が向上し、センターコンソールまわりのデザイン、スペース効率を改善しているのが特徴だ。

【関連記事】ディーゼルらしからぬ軽快な吹け上がりとレスポンスが気持ちいいSUV! プジョー2008に「GT BlueHDi」をラインアップ

e-208シフトレバー画像はこちら

 電費効率の改善には、ギア比の変更やヒートポンプの効率改善が功をなしており、以下のようなスペックとなっている。

e-208 : 現行380km → 395kmへ15kmアップ (WLTCモード)
e-2008: 現行 360km → 380kmへ20kmアップ (WLTCモード)

 また、上記のように走行距離が延長されたことで、CEV補助金が増額となった。今回仕様変更されたe-208およびe-2008は、令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の、電気自動車における補助上限額65万円が交付されるとのこと。

※令和4年度当初予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」も同様に対象となる見込み。

 価格は以下の通り。

e-208 Allure 425万5000円

e-208 GT 464万6000円

e-2008 Allure 467万9000円

e-2008 GT 509万8000円

 これを機に、EVが気になっていたユーザーは検討してみてはいかがだろうか。

画像ギャラリー


新着情報