本格クロカン4WDですらオモチャにみえる「究極のメルセデス」! 「ウニモグ」の乗用個人所有は現実的に可能? (1/2ページ)

noteで書く
本格クロカン4WDですらオモチャにみえる「究極のメルセデス」! 「ウニモグ」の乗用個人所有は現実的に可能?

この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツの多目的車両「ウニモグ」は個人所有も可能だ

■乗用車的な装備を付けた「アーバンウニモグ」はハイギヤード化されており快適

■全長はミディアムクラスのミニバンよりも短くて見切りもいいため運転はしやすい

法人だけでなく個人に向けても販売されているウニモグ

 クルマ好きならウニモグはご存じだろう。メルセデス・ベンツの産業用車両で、ウニモグを日本語にすると多目的動力装置となる。つまり、形としてはトラックに見えるが、本来の目的は1000種類にもなるさまざまなアタッチメントなどを付けて、工事や保守などに使用するための車両だ。

【関連記事】確かにデカイけどまさかダメとは! 普通免許で乗れない「意外なクルマ」3台

メルセデス・ベンツ・ウニモグのフロントスタイリング画像はこちら

 実際に見るのは珍しくなく、高速道路の保守に使われていたり、競馬好きの方なら競馬場で見かけることが多いはず。また、東日本大震災の際には、メルセデス・ベンツが寄贈して話題になった。有名なところでは、元スバルのデザイナーであり、ミュージシャンで、公認サンタクロースでもあるパラダイス山元氏が所有していたりもする。

メルセデス・ベンツ・ウニモグの作業風景画像はこちら

 もろちん、個人で所有することは可能で、一時、ヤナセ系列にあったウエスタンモータースがアーバンウニモグとして乗用車的な装備を付けたモデルを売っていたほどで、今でもたまに中古車市場に出てくる。ちなみに1990年代半ば当時は1000万円ぐらいだった。

 現在もその流れを汲むワイエンジニアリングという会社が新車を輸入していて、法人だけでなく、個人への販売も行っている。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報