新しいライオンロゴを採用したプジョー上陸! 308が9年ぶりのフルモデルチェンジを実施 (1/2ページ)

noteで書く
新しいライオンロゴを採用したプジョー上陸! 308が9年ぶりのフルモデルチェンジを実施

この記事をまとめると

■プジョー308が9年ぶりにフルモデルチェンジ、新ブランドロゴを採用

■ハッチバックとステーションワゴンの2タイプのボディバリエーションを用意

■パワートレインはガソリン、クリーンディーセル、PHEVの3タイプ

ハッチバックとステーションワゴンの2タイプをラインアップ

 ライオンロゴでお馴染みの動車メーカーであるプジョーは、2021年にブランドロゴを大幅に刷新した。その新しいライオンロゴには、「現在という瞬間を楽しむための質の高い体験を提供する」という決意が込められているそうだ。そんなプジョーの想いが込められた新しいライオンロゴをつけたモデルの第一弾となる308シリーズの日本導入が発表された。

【関連記事】今や自動車メーカーも「アウトドア」に本気! 外遊びを盛り上げること確実なクルマと装備

プジョー308ハッチバックのフロントスタイリング画像はこちら

 308として3代目となる新型308は、2013年にデビューしてコンパクトサルーンで大きな成功を収めた先代モデルの意思を受け継ぐプジョーの中核を担うモデルだ。

 エクステリアデザインは、面とラインによる高次元の表現により、コンパクトセグメントの中でもとりわけダイナミックなものとなっている。

 フロントで目を引くのは大型のフロントグリルで、奥行きのある空間を感じさせるような独創的なデザイン。ナンバープレープレートはフロントエンドの下部に配置されることで、フロントデザインを美しくアレンジする。ヘッドランプには、プジョー初となる超薄型マトリックスLEDテクノロジーが採用され、彫りが深くてスリムなデザインは、308にダイナミクスとアイデンティティを与えている。

プジョー308のグリルのアップ画像はこちら

 サイドデザインは、先代モデルよりも60mm延長されたホイールベースによる伸びやかなスタイルが特徴で、低く滑らかなラインのノーズがボンネットを視覚的に長く見せる。シンプルなサイドビューに大きく張り出したフロントフェンダー&リヤフェンダーが、308の躍動的でつから強いキャラクターを表現している。

 空力性能とパッケージングを両立するために最適化が図られたリヤには、3DフルLEDテクノロジーを採用したリヤライトが採用され、プジョーではお馴染みとなった3本のライオンのかぎ爪をイメージしたシグネチャーが表現される。

プジョー308ハッチバックのリヤスタイリング画像はこちら

 ハッチバックと同時にラインアップされたステーションワゴンもアクティブで洗練されたプロポーションを持つ。ゆったり傾斜したルーフラインに対して、サイドのウインドウラインを早く傾斜させることにより、一部SUVを上回るほどの高い積載力は維持しながらも、よりダイナミックな印象となる。じつはステーションワゴンの空力性能はハッチバックモデルを上まわっているとのことだ。

プジョー308ステーションワゴンのフロントスタイリング画像はこちら

 リヤエンドのデザインは彫刻のような立体的なラインやクロームのリヤデコレーションが安定感と高級感を演出する個性的なものとなる。積載量は5人乗り時で608リッター、フルフラットの2名乗車時では1634リッターを実現しており、さらに使い勝手が向上している。

プジョー308ステーションワゴンのリヤエンドのアップ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報