もはや高性能ブレーキといえば世界中で「ブレンボ」一択! いかにして「ブレーキの王様」に成り上がったのか? (1/2ページ)

noteで書く
もはや高性能ブレーキといえば世界中で「ブレンボ」一択! いかにして「ブレーキの王様」に成り上がったのか?

この記事をまとめると

■ブレンボの歴史や魅力に迫る

■ブレンボは1961年に創業したイタリアのブレーキメーカー

■ブレーキキャリパーの量産化に成功したことで広く知られるようになった

ブレンボはイタリアのブレーキメーカー

 ホイールの間からチラリの見える、ブレンボのロゴ。高級スポーツカーやレーシングカーでは当たり前の光景だ。

 ブレンボは1961年に創業したイタリアのブレーキメーカー。自動車製造の歴史が長い欧州のなかでは、商売を始めた時期はけっして早くない。

 ブレンボ創業当時、ブレーキといえばドラムブレーキが主流の時代だ。むろん、いまのようにアフターマーケット市場でブレーキだけを特注品に交換するといった風潮はなかった。

 ブレンボは後発であるがゆえに、研究開発の対象として高性能製品を重視し、モータースポーツにも積極的に参加してきた。

【関連記事】【今さら聞けない】ブレーキを踏んだときの「キィー」という音の正体は?

ブレンボのブレーキのイメージ01画像はこちら

 そうしたなか、ブレンボの名を世界に知らしめたのは、やはり1975年にフェラーリF1チームに向けたレース用ブレーキの供給だろう。

1970年代のフェラーリF1の走行シーン画像はこちら

 その後、F1の主要チームへの供給に広がり、WRC(世界ラリー選手権)、WEC(世界耐久選手権)、さらに二輪車レースなどさまざまな最先端レーシングマシンの足元を支えるようになる。

 これは、一般ユーザーはもとより、自動車メーカー各社に向けた最高の広報宣伝活動にもつながったと言えるだろう。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報