空力の天才が作った謎すぎるスタイリング! 4億円のアストンマーティン「ヴァルキリー」は異次元のクルマだった (1/2ページ)

noteで書く
空力の天才が作った謎すぎるスタイリング! 4億円のアストンマーティン「ヴァルキリー」は異次元のクルマだった

この記事をまとめると

■アストンマーティンとレッドブルのコラボによるハイパーカーが「ヴァルキリー」だ

■現代のF1マシンにも似たデザインは究極のエアロダイナミクスを意識したもの

■後継となる「ヴァルハラ」も発表され、アストンマーティンのハイパーカー戦略が刺激的だ

空力の天才が描いた異次元なスタイリング

 アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーのコラボレーションによるハイパーカー・プロジェクト、「AM-RB001」の存在が明らかになったのは2016年3月のことだから、すでに我々はその生産型たる「ヴァルキリー」のデビューを、すでに相当に長い時間待たされていることになる。あるいはそのプロジェクトは人知れず消滅してしまったのだろうか。そうとさえ考えるハイパーカーのファンも多かったのかもしれない。

【関連記事】そんなに好きでお金もあるのにナゼ? スーパーカー乗りが「普段使い」しない理由をフェラーリオーナーが激白

アストンマーティン・ヴァルキリーのフロントスタイリング画像はこちら

 だがそのような心配は不要だ。アストンマーティンは昨年11月4日に、量産第一号車となるヴァルキリーを完成。それは先日最初のカスタマーのもとへと無事に納車されている。ヴァルキリーのデリバリーは当初2019年中に開始されることが計画されていたが、AM-RB001からのさらなる開発作業に時間を要したこと。そして、すべてがハンドメイドとなるヴァルキリーは、1台あたり2000時間以上の製作時間を必要とすることなどにより、実際のデリバリーが現在まで遅れた大きな理由とされている。

ファクトリーでハンドメイドされるアストンマーティン・ヴァルキリー画像はこちら

 ちなみにデリバリー台数は全世界で150台であり、価格は200〜250万ポンド(約3億2000万〜4億円)。その生産が終了した後にはさらにハイパフォーマンスな、サーキット走行専用車のヴァルキリーAMRプロが25台の限定車として生産される計画も予定通りに進行中である。

アストンマーティン・ヴァルキリーAMRプロのサイドビュー画像はこちら

 ヴァルキリーのデザインは、アストンマーティンの副社長であり、またデザイン部門を統括する責任者でもあるマレック・ライヒマンと、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーでF1マシンのデザインにも携わるエイドリアン・ニューウェイの両氏によって進められた。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報