【試乗】2ドアの「90」は悪路で圧巻の走破性! 「110」のディーゼルは上質さ最高! ランドローバー・ディフェンダーの魅力が驚異的だった (1/3ページ)

noteで書く
【試乗】2ドアの「90」は悪路で圧巻の走破性! 「110」のディーゼルは上質さ最高! ランドローバー・ディフェンダーの魅力が驚異的だった

この記事をまとめると

■ディフェンダーに2ドアモデルの「90」登場と「110」に3リッター直6ディーゼルを追加

■ディーゼルエンジンの出来栄えはよく、上質な走りを実現

■「90」は非常に実用的で山岳地帯をいきいきと走れる生活密着型の扱いやすさ

2ドアの「90」、110から「3リッター直6ディーゼル」が登場

 昨年登場するやSUV市場において大きな存在感を示しているのが、イギリス・ランドローバー社の新型ディフェンダーだ。ディフェンダーは、もともとオフロードに強いモデルとして70年もの歴史がある。

 ランドローバー社にはラインアップとしてラグジュアリーセグメントの「レンジローバー」、レジャーセグメントで「ディスカバリー」があり、そして「ディフェンダー」はデュアルパーパスとして位置付けられており、頑強性、ファンクショナル、実践、オフロードエキスパートといったイメージにカテゴライズされている。

【関連記事】ブームはあくまでブーム! SUVが「美味しさ」を失ったあとに待ち受ける現実とは

最大の注目は何と言ってもディーゼルエンジンの出来栄え画像はこちら

 2020年7月にまず5ドアロングホイールベースの「110」(2リッターガソリンターボエンジンモデル)が登場し、その独創的なスタイリングや圧倒的な走行性能で一躍注目を浴びているわけだが、今年になってショートホイールベースの「90」、そして110には、待望の3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した仕様が追加され、さらに注目度を高めている。

「110」、「90」というのはもとはホイールベースの長さを表していた。つまり、90はホイールベースが90インチであり、また110はホイールベースが110インチであったということだ。だが、現代に蘇ったこの最新モデルのディフェンダーのホイールベースはもちろんその90インチや110インチにはなっていない。1インチを25.4mmとして計算すると90は2286mm、110は2794mmとなり、新型ディフェンダーの90のホイールベースは2585mm、110では3020mmとなっていて、「90」「110」といった数字はもはやホイールベースを表したものではなく、単純にクルマのネーミングとして採用されているものだ。

90の最大の特徴は2ドアとなっていること画像はこちら

 90の最大の特徴は2ドアとなっていることで、110の荷室部分を切り取ったかのようなデザイン性が特徴である。一方、今回110に追加されたディーゼルエンジンは3リッター直列6気筒のDOHCターボで、最高出力300馬力を4000rpmで発揮し、最大トルク650Nmは1500〜2500rpmというレンジで発揮するパワースペックとなっている。

 このディーゼルエンジンには48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用されており、駆動はジェネレーターモーターBISG(ベルトインテグレーテッドスタータージェネレーター)によって発進時などにアシストをするようになっている。では早速試乗してみることにしよう。

画像ギャラリー


新着情報