モータースポーツシーンを駆け抜けた伝統のMが今年で50周年! 限定モデルやイベントの開催を発表

モータースポーツシーンを駆け抜けた伝統のMが今年で50周年! 限定モデルやイベントの開催を発表

この記事をまとめると

■50周年を記念した特別なバッチを装着

■3つの限定モデルを発表、注文受付はオンラインストア限定

■2022年9月に六本木ヒルズにてBMW Mのイベントを開催

2022年はMの創立50周年の記念すべき年

 今から遡ること50年前の1972年5月24日、BMWの技術と情熱を結集しモータースポーツ活動を本格的に取り組むため、BMW M社の前身となるBMWモータースポーツ社が設立された。今でも続く、伝統のニュルブルクリンク24時間耐久レースをはじめたとした、世界中のモータースポーツシーンでいくつもの勝利を収め、時にはドライビング・エクスペリエンスの開校など、BMWと共にさまざまな歴史を歩み続けてきた。

 そんなM社が今年でついに設立50周年を迎えることとなった。

 それを記念して、BMWを象徴する3色「青、紫、赤」を基調とした、BMWロゴ「BMW M 50周年記念バッチ」を発表。装着されるのは「BMW Mハイパフォーマンスモデル」「BMW Mパフォーマンスモデル」「Mスポーツモデル」だ。このロゴは、1973年にBMWモータースポーツ社のレーシングカーで初めて使用されたものと同じ仕立てとなっている。それぞれカラーの意味だが、青はBMW、赤はレース、紫は青(BMW)と赤(レース)の融合を模した色だという。

【関連記事】BMWのSUVラインアップ一覧! 各モデルの特徴や価格について徹底解説

BMW Mが設立50周年記念による特別なバッチや限定モデルが登場画像はこちら

 そして、50周年記念として3つの限定モデル「BMW X5 Edition Black Vermillion」「BMW X6 Edition Black Vermillion」「BMW M3 50th Anniversary Limited」の注文も開始した。なお、BMWオンラインストア限定での受付となるほか、「X5」と「X6」は各5台ずつの用意で、既に完売しているとのこと。「M3」に関しては50台限定の抽選販売となる。

 さらに2022年9月2~4日の3日間、六本木ヒルズにてBMW Mの世界観やブランドを体現できるイベントを実施する予定だ。節目とのことでどんなイベントになるのか今から待ち遠しい。

BMW Mが設立50周年記念による特別なバッチや限定モデルが登場画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報