「世界でもっとも美しいクルマ」に待った! DS4に負けず劣らず美しいSUVを探してみた (1/2ページ)

「世界でもっとも美しいクルマ」に待った! DS4に負けず劣らず美しいSUVを探してみた

この記事をまとめると

■DS4が「世界でもっとも美しいクルマ」として表彰された

■世界中にはデザインに関するさまざまな賞があるので世界規模というわけではない

■日本メーカーのデザインも世界中の自動車メーカーから参考にされている

「世界でもっとも美しいクルマ」ってなんだ?

 DS4が「世界でもっとも美しい」てな受賞をしたニュース、小首をかしげた方もいらっしゃるのではないでしょうか。美しいかどうかは主観ですけど、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーとか、コンセプトカー・オブ・ザ・イヤーとか似たような賞がたくさんあって、ほんとに権威があるのかしら、と思うのもごもっとも。しかも、フランスのブランドがフランス主催のアワードでトッププライズなんて「腕っこきのPR会社でも雇ったんだろが」なんてゲスな勘繰りをされても仕方ないでしょう。

【関連記事】乗るより「眺めていたい欲」が抑えきれない! もはや「罪レベル」の「美しい横姿」をもつ現行車5選 

DS4画像はこちら

 ともあれ、DS4は整ったプロポーションや、嫌味なくデコラティブなプレスライン、上手に演出した高品質感など、たしかにキレイに見えるクルマです。が、世界で指折りの美しさと称えられるクルマはなにもDS4だけではありません。

DS4リヤ画像はこちら

 たとえば、当サイトでもご紹介したベントレー・ベンテイガEWBは従来モデルから全長を180mmプラスすることで、より優美なアピアランスをゲット。悪路走破性、つまりアプローチアングル確保には不利なホイールベース延長もこの優雅さの前には些事として見逃したくなるほど。

ベンテイガEWD画像はこちら

 また、同じくスーパーSUVならランボルギーニ・ウルスだって他社が追随しえないインパクト。猛る牡牛よろしく躍動感にみなぎるサイドビューや、アグレッシブなフロントマスクだってSUVというより、なにか猛禽を想起させる造形で、美のなかに緊迫感を盛り込んだというポイントでは世界一かもしれません。

ウルス全体画像はこちら

 前述したように美しいかどうかは見る者の主観がすべてかと。となると、アストンマーティン信奉者はDBXもまた「伝統的な美しさ」だとアピールしたくなるはず。お馴染みのグリル&ライトのコンビデザインや、テールのイルミネーションが描く凸ラインなど、DS4、いや他社のすべてが真似したくとも「伝統の壁」の前にあきらめざるを得ないレガシーそのものを体現。ガチな英国紳士、はたまた007ファンならDBXこそ「世界一美しい」と叫ぶはず。

DBX全体画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報