乗ればスクリーンに飛び込んだ気分! ムービースター感が味わえる「名画」の「名車」5選 (1/2ページ)

乗ればスクリーンに飛び込んだ気分! ムービースター感が味わえる「名画」の「名車」5選

この記事をまとめると

■アニメや映画といった映像には個性的なクルマが多く登場し話題になることがある

■主人公が乗っているクルマは世界中に多くのファンがおり、愛されている傾向が強い

■人気のあまり、現代版にリメイクされたクルマもある

映画の主人公気分を味わえる名車を一挙紹介

 美しい古都を優雅に走り抜ける、ロングヘアの美女とオープンカー。はたまた、悪党と壮絶なカーチェイスを繰り広げる、小粋なスポーティカー。映画を観ていると、印象的なシーンにはじつに多くの魅力的なクルマたちが登場しますよね。とくに往年のヨーロッパ車は記憶に残るものが多いように感じます。ボディは小さくてもしっかり主張するデザインや、どこか懐の大きなキャラクター、憎めない愛らしさがあるクルマが多いからでしょうか。今回はそんな、乗れば気分は映画の主人公! な欧州コンパクトカーたちをご紹介したいと思います。

【関連記事】映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

映画の主人公気分が味わえるクルマ画像はこちら

 まずは、ルパン3世の愛車としても有名なフィアット500。じつはルパンに登場するのは2代目にあたるモデルで、初代となるのは500トポリーノという大きな鼻のようなグリルが可愛らしいクルマなんです。

500トポリーノ画像はこちら

 初代は世界的な名作として、オードリー・ヘップバーンの代表作としても知られる映画『ローマの休日』で、石畳の続く街を走るシーンがとってもステキ。束の間の休日を満喫する主人公と、それを追いかけ特ダネにしようとする新聞記者、カメラマン。そのカメラマンの愛車が500トポリーノで、キャンバストップから頭が飛び出している光景もほっこりさせてくれました。

フィアット500トポリーノ画像はこちら

 ただ、この500トポリーノを今から手に入れるのは至難の業となってしまうので、やはりおすすめは2代目か現行モデルの500。2代目でもすでに長い歴史があり、リュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』のように、サビサビで今にも朽ち果てそうな500もいい味を出しています。小さくて可愛いのに、どこか海辺で生きる男たちの暮らしにも馴染んでしまう、不思議な魅力が500にはありますね。

フィアット500新旧並び画像はこちら

 2台目は、7歳の女の子とその家族が、長い長いドライブを続けながら奮闘し、絆を深めていく映画『リトル・ミス・サンシャイン』に登場する、フォルクスワーゲン・タイプ2。そう、いわゆるワーゲンバスです。

ワーゲンバス走り画像はこちら

 映画に登場するのは黄色いボディに白い屋根、小さな窓がいっぱいついた、オンボロのワーゲンバス。中古車ではブルーやグリーン、赤などいろんなボディカラーがあって、それぞれにホイールやバンパーのカタチなどがちょっとずつ違っているなど、いい雰囲気を出しているものが多くなっています。3列シートの7〜8人乗りが多く、シートはヘッドレストもなくリビングのソファのよう。乗った瞬間から、セコセコした気持ちはどこかへ吹き飛んで、のんびりゆったり走りたくなるクルマです。

ワーゲンバスとアウトドア画像はこちら

 1500ccのキャブエンジンのバタバタという音もまた、タイムスリップしたように懐かしさを誘います。映画の中では、家族が力を合わせてワーゲンバスを走らせる光景が印象的なのですが、家族や仲間たちとワイワイ乗るには最高の1台ではないでしょうか。

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

画像ギャラリー


新着情報