ジェームズ・ボンドの愛車は本当はベントレーだった! 007=アストンマーティンになった裏事情とは (1/2ページ)

ジェームズ・ボンドの愛車は本当はベントレーだった! 007=アストンマーティンになった裏事情とは

この記事をまとめると

■アストンマーティンDB5は「007」のジェームズ・ボンドの愛車として有名だ

■当初、小説版ではジェームズ・ボンドはベントレーに乗っていた

■ジェームズ・ボンドがアストンマーティンへと乗り換えるきっかけは読者からの手紙だった

007=アストンマーティンという公式ができるまで

「007」こと、ジェームズ・ボンドにとって、アストンマーティンは彼を象徴するアイコンのようなクルマ。最新作「ノータイム・トゥ・ダイ」でもお馴染みのDB5をはじめ、DBS、ヴァルハラ、V8サルーンなど総動員かってくらい登場しています。

【関連記事】映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

アストンマーティンDB5とV8とダニエル・クレイグ画像はこちら

 ですが、イアン・フレミングによる原作の中でアストンマーティンが登場するのは7作目の「ゴールドフィンガー」でのお話。原作をお読みになった方ならご存じでしょうが、それまでボンドの愛車は1930年モデルのベントレー4.5リッターブロアーモデルだったのです。しかも作中では、このクルマは「唯一の個人的趣味」として戦時中もガレージで大切に保管されたなどと描かれているほど。

ベントレー4.5リッターブロワーのフロントスタイリング画像はこちら

 結局、このベントレーは処女作「カジノ・ロワイヤル」と「死ぬのは奴らだ」「ムーンレイカー」で登場し、最終的にはカーチェイス中に大破することに。ちなみに、当初フレミングは、「死ぬのは奴らだ」のなかでこのブロワーベントレーを1933年モデルと書きましたが、じつは31年で生産は終了しており「ムーンレイカー」のなかでわざわざ1930年モデルだと書き直すことになりました。

 アストンマーティンが登場するのは、前述のとおり1953年上梓の「ゴールドフィンガー」で、DB3がボンドカーとして登場しています(作中ではじつにあっさりと描かれ、印象は薄いかもしれません)。これは、読者からフレミングにあてた手紙で「世界をまたにかける大物スパイが、いくら趣味とはいえ戦前のクラシックカーに乗るのはいかがなものか」と指摘されたことが理由とされています。

アストンマーティンDB3の俯瞰フロントスタイリング画像はこちら

 それでも、フレミングは「ボンドの趣味としてDB3はいかがなものか」という心残りでもあったのでしょう。アストンマーティンDB3は個人的なクルマではなく「社用車」としてボンドに乗らせることにしたのでした。

画像ギャラリー


新着情報