サポカーって高齢者向けの穏やかなクルマじゃないの? 調べたらバリバリのスポーツカーだらけで驚いた! (1/2ページ)

サポカーって高齢者向けの穏やかなクルマじゃないの? 調べたらバリバリのスポーツカーだらけで驚いた!

この記事をまとめると

■サポカーは高齢者向け施策と捉われがち

■しかし意外にスポーツモデルなども多い

■その理由やサポカーの定義について解説する

意外にスポーツモデルも多い

 読者の皆さまにおかれましては、サポカー制度にはそれほど馴染みを感じづらいかと。なにせ、安全運転サポート車(通称セーフティ・サポートカー、略してサポカー)は先進安全技術の衝突被害軽減ブレーキを搭載したクルマですから、腕自慢のアナタなら「冗談やめて!」となるはず。それゆえ、高齢者向け施策と捉われがちですが、やっぱりドライバーサポートはないよりあった方がはるかに安全! すなわち、サポカー制度は腕自慢の若者にだって有効なものなのです。

 というわけで、国内各社がラインアップするサポカーリストを見ていると「おや!」と目を見開かされました。だいたい各社とも高齢者が「ほのぼのドライブ」キメちゃう軽自動車とかPHEV的な車種がラインアップしているかと思いきや、なんとスポーツモデルもちゃっかり揃っているではありませんか! え? 安全運転をサポートするクルマでしょ? ぶっ飛ばしちゃっていいの? なんだかお尻のあたりがムズムズしてきました。

 たとえば、スバルの「WRX S4」は、ラリー仕込みのシャシーに伝家の宝刀2.4リッターボクサーエンジン+ターボを搭載した国内屈指のやんちゃセダン。一方で、衝突被害軽減ブレーキはもちろん、おなじみの360度センシングが可能な新世代アイサイトや高度運転支援システムのアイサイトXを装備するなど安全サポートもバッチリ。オートマチックという条件こそつきますが、これお年寄りだけに乗せとく手はないでしょう。

【関連記事】高齢者が家族にいるなら絶対ミニバン! 足腰が弱くても乗り降り「楽ちん」な5台とは

スバルWRX S4の走り画像はこちら

 スバルといえば、アイサイト搭載グレードのみが対象となりますが、あの「BRZ」だってサポカー対象。これまた2.4リッターボクサーエンジンを低く搭載することで、スポーツカーにとって理想的な低重心化を実現した「走り屋」マシン。スマートかつ、マッシブなデザインワークは男性ドライバーのみならず、女性にも好評なもの。スバルお得意のアイサイトによる衝突被害軽減や、ステアリング連動ヘッドライトなど、今どきのクルマらしく安全性能も折り紙つき。こちらもオートマ限定とはいえ、BRZの6速ATは「スポーツ」や「スノー」モードが選べるほか、進化したアダプティブ制御のおかげでドライバーの意思をリニアに伝える優れモノですぞ。

スバルBRZの走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報