流行の「オラ顔」でしょとか言ってたらニワカ! アウトランダーPHEVはデザイン面でも評価爆上がりだった (1/2ページ)

流行の「オラ顔」でしょとか言ってたらニワカ! アウトランダーPHEVはデザイン面でも評価爆上がりだった

この記事をまとめると

■三菱アウトランダーPHEVが「iFデザインアワード2022」を受賞した

■「DYNAMIC SHIELD」の基本造形をボディ全体に組み込むことで理想的な表現を実現

■三菱アウトランダーPHEVは「美しさ」「機能性」「独自性」が評価された

アウトランダーPHEVのデザインの良さに世界も気づいた!?

 新型「アウトランダー」PHEVモデルが、国際的にもっとも権威のあるデザイン賞の「iFデザインアワード2022」を受賞、国内でも「グッドデザインアワード2021」を受賞しました。昨年10月の先行注文開始から1カ月半で目標の約7倍の受注を記録するなど、販売面でも好調な同車のデザインの魅力はどこにあるか、あらためて紐解いてみましょう。

【関連記事】三菱アウトランダーPHEVの室内はどう進化した? 新旧を実測して「居住性」と「積載性」を徹底比較!

三菱アウトランダーPHEVのフロントスタイリング画像はこちら

●理想的に表現された「DYNAMIC SHIELD」

 まずエクステリアですが、これは三菱のデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious(力強さ、ワクワクする)」を筆頭に、同社が掲げる各デザインテーマがフルに反映されたことが肝と言えそうです。とりわけ有名な「DYNAMIC SHIELD」については、「顔」だけに止まるのではなく、ボディのシルエット全体に波及していて、担当デザイナーは「理想的な表現ができた」と語っています。

三菱アウトランダーPHEVのデザインイメージ画像はこちら

 新型には、デザインコンセプトとして「BOLD STRIDE(大胆な進歩)」が、商品テーマには「威風堂々」が掲げられていますが、これらは「理想的な表現」のために設けられたキーワードだと考えられます。

 たとえば、全長で15mm、全幅で60mm、全高とホイールベースで各35mm拡大(先代比)されたボディは、同社のフラッグシップとしてのボリューム感や室内の余裕確保を目指したものですが、断面を前後に通したダイナミックなボディと、「DYNAMIC SHIELD」の表現が違和感なく融合されています。

三菱アウトランダーPHEVの真正面フロントスタイリング画像はこちら

 また、ボディサイドに目を移すと、水平基調のキャラクターラインは前後端で下向きに回り込んでることに気付きます。これは、先代が前後に抜いたキャラクターラインで「ワゴン的」に見えてしまったのに対し、よりソリッドで凝縮感のあるSUV的佇まいを目指した結果。これもまた「BOLD STRIDE」の一環と言えます。

三菱アウトランダーPHEVのサイドビュー画像はこちら

 さらに、張り出したリヤフェンダーにくっきりと刻まれたホイールアーチラインは、同社のボディ面のテーマである「SCULPTED SOLIDITY(彫刻的な堅牢性)」を具現化したもの。即ち、まずカタマリを設け、そこに「削いだシャープさ」を与える手法で、これもそのまま新型のデザインコンセプトに直結しているのです。

画像ギャラリー


新着情報