4WDすら脅かす最強FFが日本上陸! ルノー・クリオ・ラリー4の計り知れないポテンシャルを見た (1/2ページ)

4WDすら脅かす最強FFが日本上陸! ルノー・クリオ・ラリー4の計り知れないポテンシャルを見た

この記事をまとめると

■全日本ラリー選手権・第5戦「モントレー2022」が開催された

■「ルノー・クリオ・ラリー4」が日本初上陸

■マシンの仕様やレース結果についてリポートする

「ルノー・クリオ・ラリー4」が日本初上陸

 全日本ラリー選手権・第5戦「モントレー2022」が6月10日〜12日、群馬県富岡市を舞台に開催。ターマック連戦を締めくくる同ラリーでは、スバルWRXを駆る新井敏弘、トヨタGRヤリスを駆る勝田範彦がコースアウト、同じくGRヤリスを駆る奴田原文雄がミッショントラブルによりレグ1でリタイヤするなどサバイバルラリーが展開されるなか、シュコダ・ファビアR5を駆るヘイッキ・コバライネンが今季4勝目を獲得した。

【関連記事】「レーサー」は天才! 「ラリースト」は神! レーシングドライバーが語る「ドッチが速い」論争の結論とは

シュコダ・ファビアR5の走り画像はこちら

 まさに上位ランカーたちにとって明暗を分ける1戦となったが、同ラリーでは日本初上陸のマシンも注目を集めていた。

 このモントレーに合わせてZEUS AUTOMOTIVE CLUB SPORTSの横嶋良がニューマシン「ルノー・クリオ・ラリー4」でJN2クラスにエントリー。同モデルは文字どおり、ルノーが開発したラリー4規定モデルで、2021年4月に国際公認を取得した最新のFIA規定モデルだ。

ルノー・クリオ・ラリー4の走り(フロント)画像はこちら

 気になるエンジンは4気筒の1330ccで、ターボ、ピストン、コンロッドなどは専用パーツをインストール。ミッションはサデフ製のシーケンシャルで、BOSのダンパー&スプリング、PFCのブレーキシステムが採用されている。

 チーム代表の辻井利宏氏によれば「本当は開幕戦の新城ラリーからクリオで参戦したかったんですけど、ロジスティックが遅れてこのタイミングになりました。今年はグラベル戦をスキップして、モントレーと最終戦のハイランドマスターズにテスト参戦。データを収集したうえで、来年は本格的に参戦したいと思います」とのこと。

画像ギャラリー


新着情報