意外や意外! ふつうの「買い物グルマ」を使って行われるレースがけっこうあった (1/2ページ)

noteで書く
意外や意外! ふつうの「買い物グルマ」を使って行われるレースがけっこうあった

この記事をまとめると

■街中で見かける何の変哲もないクルマがレースのベースカーとなっている場合がある

■初代ヴィッツのワンメイクレースではローパワーの「B」もしくは「F」がベースだった

■N-ONEのワンメイクレースでは公平を期すためにレースに参戦できるのはCVTのみだ

レースのベースカーはスポーツモデルとは限らない

 モータースポーツに参戦している車種といえば、当然ながらスポーツカーというイメージが強いかもしれない。しかし、なかには一見するとモータースポーツには程遠い車種がレース車両のベースとなっているケースもあったのだ。

 そこで今回は、そんな普通のクルマをベースとしたモータースポーツ参戦マシンをご紹介しよう。

トヨタ ヴィッツ

 現在ではヤリスと名前を変え、ワンメイクレースである「ヤリスカップ」が開催されていることを知っている人は多いだろう。現在のベースとなっているのは、120馬力を発生する1.5リッターエンジンを搭載したガソリンモデルで、意外にもホットなグレードがベースとなっている。

 ただ、初代ヴィッツでワンメイクレースが行われていたころのベースマシンは、1.5リッターエンジンを搭載した「RS」などではなく、もっともローパワーな1リッターエンジンを搭載したグレードがベースとなっていたのだ。

【関連記事】レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

トヨタ・ヴィッツのフロントスタイリング画像はこちら

 ベースとなったのは、もっともベーシックな「B」もしくは「F」グレードであり、見た目は完全に営業車か近所の買い物グルマ。エンジンもわずか70馬力の997ccで、一見すると速さとは無縁の仕様だった。しかし、ローパワー故にごまかしが効かず、ドライビングスキル向上には打ってつけの入門レースとなっていたのである。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報