バカッ速のスポーツカーが発する「プシュー」音にクルマ好きは狂喜! ターボ車の「ウエイストゲート」と「ブローオフ」って何?

バカッ速のスポーツカーが発する「プシュー」音にクルマ好きは狂喜! ターボ車の「ウエイストゲート」と「ブローオフ」って何?

この記事をまとめると

■ターボ車のチューニングを楽しんでいる人は少なくない

■ポピュラーなものにウェイストゲートバルブとブローオフバルブがある

■両者の違いについて解説する

役割や装着される場所が異なる!

 環境重視のダウンサイジングターボは少々異なるが、本来ターボエンジンにはいわゆる強烈な加速など、独特の楽しさがある。ターボの仕組みというのは簡単に言ってしまえば、排気ガスの力でタービンを回して吸気を圧縮して、エンジン押し込むというもの。だからパワーが出る。エンジンから発生する負圧によって混合気を自然に吸い込むNAは仕組みからして大きく違うものである。

 ターボ車のチューニングもポピュラーで、当然のことながらタービンを大きくして容量を大きくしたり、ブースト圧を高めたりする。そのなかで、ウェイストゲートバルブやブローオフバルブはポピュラーなパーツとなる。どちらも過給に関わるものだが、役割や装着される場所は異なる。

【関連記事】【今さら聞けない】ターボ車で聞く言葉「インタークーラー」「ブースト」「タービン」って何?

日産スカイラインGT-Rの走り画像はこちら

 まずウェイストゲートバルブは排気側に付いていて、過給圧が高くなりすぎるのを防ぐ役割がある。具体的には過給圧が規定値を超えるとバルブが開いてタービンを回している排気ガスをバイパスさせて、タービンに行く量をコントロール。その結果、ブースト圧を規定値に収めることができる。

 一方のブローオフバルブのほうがチューニングとしてはポピュラーで、たまにアクセルを戻すとプシューという音を出しているクルマがあるが、それはブローオフバルブからのもの。付いているのは吸気となる。ターボは排気ガスの流れを利用したもので、電動ターボは例外として別の動力によって動かしているわけではない。

ブローオフバルブ画像はこちら

 そのため、アクセルを戻してもタービンはしばらく回転したまま。しかもスロットルバルブは閉じているため、圧縮された空気の行き場がなくなってしまう。そうなるとタービンの作動を阻害してしまうことになる。そのため、再度アクセルを踏んだときにレスポンスが悪くなって、パワーが出ないだけでなく、非常に乗りにくくなってしまう。

 これを防止するため、行き場がなくなった圧縮空気を抜いてやるのがブローオフバルブとなる。抜いた空気はチューニングパーツの場合は外に排出。純正の場合はブローオフバルブではなく、似たような機能のリサキュレーションバルブというパーツを採用していて、ここからインテークに戻すようになっている。

 排気ガスの力を利用して自然に回るのがターボの特徴だが、それゆえち密な制御が難しいという面もある。これらを解消するために別途パーツを付けることで解消している。その代表格がブローオフバルブやウェイストゲートというわけだ。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー

カテゴリー:

新着情報