「軽自動車も高くなった」の声は本当だった! 普通車が余裕で買える超高額軽3台の価格に驚き (1/2ページ)

「軽自動車も高くなった」の声は本当だった! 普通車が余裕で買える超高額軽3台の価格に驚き

この記事をまとめると

■軽自動車市場で高額なクルマをピックアップ

■装備が満載だったり、唯一無二の個性を持っているだけに高額でも人気になりがちだ

■軽規格に当てはまる海外の車種だと普通車のスポーツカーより高いモデルもある

軽自動車の高額車はいったいいくらなのか

 軽自動車というとボディサイズや排気量に制限がある一方で、税金などの維持費が安く少ないコストで運用できるクルマというイメージが強い。もちろんそれは間違いではないのだが、今では普通車もびっくりの機能や装備を持った軽自動車も珍しくなく、それに伴って車両価格も跳ね上がっているのである。

【関連記事】しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

軽自動車走り画像はこちら

 そこで今回は、軽自動車でありながら高額な車両価格を誇るモデルをピックアップしてご紹介。

 といっても、オプションをマシマシにして“300万円オーバー!”とっ言っても「そらそうやろ感」が出てしまうので、純粋に車両本体価格のみで比較してみたい。

ダイハツ/トヨタ コペン GR SPORT:243万7200円

 今年の3月にホンダS660が終売したということで、現時点では軽自動車唯一のオープンスポーツカーとなるコペン。そのもっともホットなモデルとなるのが、トヨタとのコラボレーションで誕生した「GR SPORT」だ。

GRコペン画像はこちら

 このモデルは、他のGR SPORTと同じく「ファンクショナル・マトリックスグリル」を採用し、前後にはメーカーロゴではなくコペンの頭文字である「C」をあしらったエンブレムを装着。

 メカニズム面は、専用のショックアブソーバーや専用チューニングの電動パワーステアリング、ボディ補強やスーパーLSDの標準化(MT車)、専用レカロシートの装着など多岐に渡っている。

GRコペン車内画像はこちら

 それだけに、いわばコンプリートカーとも言える1台なのだが、価格もスペシャルでなんとMTモデルで240万円超。マツダ ロードスターのエントリーグレードが260万円台であることを考えると悩ましい選択となりそうだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報