ドラマ「マイファミリー」でニノが乗ってた「何かスゴそう」なスポーツカー! プジョーRCZはなんと中古なら100万円以下でも購入可能 (1/2ページ)

ドラマ「マイファミリー」でニノが乗ってた「何かスゴそう」なスポーツカー! プジョーRCZはなんと中古なら100万円以下でも購入可能

この記事をまとめると

■ドラマ「マイファミリー」に登場する劇中車「RCZ」について解説

■プジョーのクルマながら数字を使わないことでも話題になった

■「R」の文字がつくハイパフォーマンスバージョンも設定されていた

今見ても個性的な唯一無二のスタイル

 毎度毎度、「コイツが犯人だろう!」と思った直後に裏切られ、人間不信になりそうな怒涛の展開にハマる人続出だったドラマ『マイファミリー』。

 最後の最後に真犯人がわかった時には、「あ〜これでスッキリ眠れる」と安堵しましたよね。じつはその裏で、クルマ好きたちの間では、主演の二宮和也さん演じる鳴沢温人の愛車として登場した、超個性的なスポーツクーペモデルが話題になっていたんです。

 そのクルマとは、フランスの自動車メーカー、プジョーが2009年のフランクフルトショーでお披露目し、2010年に日本にも導入された「RCZ」。2ドアながら小さな後席も備える2+2シータークーペで、ニカッと笑う猛獣のようなフロントマスクが印象的。

【関連記事】優等生に飽きた人に禁断の果実! 一度ハマったら抜けられない「イタフラ」のオススメ中古車4選

RCZ全体画像はこちら

 ルーフはなだらかな2つのコブのような弧を描く「ダブルバブル」と呼ばれるデザインが大きな特徴で、両側のアルミ製のルーフアーチもオシャレさをアップさせています。プジョーは歴代、車名に「0」や「00」をつけるのが慣わしとなっていましたが、それがつかないことからも、プジョーにとって特別な1台であることがうかがえます。

RCZリヤ画像はこちら

 ただ、ショーではディーゼルハイブリッドを搭載したコンセプトカーまで出展された意欲作だったのですが、市販モデルは本国では1.6リッターのガソリンが200馬力と156馬力の2タイプ、2リッターディーゼルが163馬力の1タイプとなり、日本に導入されたのはガソリンモデルのみ。

RCZエンジン画像はこちら

 左ハンドル仕様の6速MTに200馬力、右ハンドル仕様の6速ATに156馬力のエンジンが搭載されていました。

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

画像ギャラリー


新着情報