ランクル300は2000万! ジムニーが250万! 新車が買えるのにSUVの中古価格が爆上げしているワケ (1/2ページ)

ランクル300は2000万! ジムニーが250万! 新車が買えるのにSUVの中古価格が爆上げしているワケ

この記事をまとめると

■いまいくつかのSUVモデルにプレミアム価格が付いている

■トヨタ・ランドクルーザーの中古車価格は1600〜2000万円

■その他モデルの状況や価格高騰の理由について解説する

ランクルの中古車価格は1600〜2000万円!

 トヨタの販売店によると「ランドクルーザーの納期は今でも4〜5年を要する」という。原因は新型コロナウイルスによるパーツの供給不足ではない。ランドクルーザーは生産総数の約50%を中東地域で売り、日本市場への割り当ては10%以下だ。供給台数が極端に少ないため、納期遅延に陥った。

 その結果、ランドクルーザーは中古車市場の混乱を招いている。現行ZXの価格は、ガソリンターボが730万円、クリーンディーゼルターボは760万円だが、中古車価格は1600〜2000万円に達する。中古車が新車価格の2倍以上で売られているわけだ。トヨタが需要に応じた台数のランドクルーザーを日本市場に供給できれば、このような混乱には陥らなかった。

【関連記事】現場の声では「やっぱり5年待ち」の可能性も! 新型ランクルを買うなら「つなぎ」で「プラドの新車」がアリだった

トヨタ・ランドクルーザーの前後スタイリング画像はこちら

 ジムニーの納期も長く、販売店では「今でも約1年を要する」という。ジムニーは2018年に現行型を発売した直後、1カ月平均の届け出台数は約1800台だった。その後に増産を行い、2022年1月から5月の1カ月平均届け出台数は、2018年の2倍に相当する約3600台に達する。それなのに納期は縮まらない。

スズキ ・ジムニーのフロントスタイリング画像はこちら

 この影響で、ジムニーも中古車が高値で販売されている。新車価格は最上級グレードのXCが190万3000円(4速AT)だが、中古車は250〜270万円だ。ドレスアップを施して付加価値を高め、300万円を超える中古車もある。ノーマル状態でも新車価格の1.4倍前後だから、ランドクルーザーほどではないが、中古車市場が混乱している。

画像ギャラリー


新着情報