日本車史上「最高傑作」に異論なし! 見た目も音も「芸術」なら性能も「極上」だったトヨタ2000GT (1/2ページ)

日本車史上「最高傑作」に異論なし! 見た目も音も「芸術」なら性能も「極上」だったトヨタ2000GT

この記事をまとめると

■トヨタ2000GTは、欧州スポーツカーにも引けを取らない美しいクルマだった

■映画「007」の劇中車として登場したことで世界的にもその存在を知らしめた

■トヨタ2000GTは美しいだけでなく高速走行性能にも優れていた

コンピュータシミュレーションではなし得ない自然界の美を体現

 トヨタ2000GTは、1967年に誕生した。当時の私は小学生であり、67歳となる今日も憧れは消えることはない。それほど、1960年代の日本にとって衝撃的なスポーツカーだった。

【関連記事】伝説の名車「トヨタ2000GT」のフェンダーにある「謎の蓋」! 開けると「トヨタの思い」が詰まっていた

トヨタ2000GTのフロントスタイリング画像はこちら

 ほぼ同年代に、ダットサン・フェアレディがあったが、ブルーバードの部品を活用するなどしたフェアレディに対し、トヨタ2000GTは、ヤマハ発動機との共同開発による専用設計で、シャシーもエンジンも凝っていた。

トヨタ2000GTのシャシー画像はこちら

 何より外観の造形は優美で、欧州の名だたるスポーツカーに引けをとらぬ美しさだった。単に美的によいというだけでなく、当時の空気力学を駆使した流線形の極致でもあり、コンピュータシミュレーションで空気の流れを目視できる今日の空力とは一線を画した、自然界の美を体現していたともいえるだろう。

トヨタ2000GTのサイドビュー画像はこちら

 室内は、木目のインストゥルメントパネル、ハンドル、シフトレバーなど、高級車の装いで、座席は本革のバケットシート形状であった。

トヨタ2000GTのインテリア画像はこちら

 すべてが特注といえるスポーツカーであり、国内外を含め3年強の間に300数十台しか製造されなかった希少車でもある。

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治

画像ギャラリー


新着情報