カーシェアともリースとも違う!? いま流行のクルマ関連のサブスク利用で得する人・損する人 (1/2ページ)

カーシェアともリースとも違う!? いま流行のクルマ関連のサブスク利用で得する人・損する人

この記事をまとめると

■最近、自動車関連のメーカーがサブスクに力を入れている

■クルマだけでなく、タイヤのサブスクも存在

■クルマ関連のサブスクで得をする人について解説する

メンテナンスに不慣れな人も安心

 最近よく聞く、クルマ関連のサブスク。正式にはサブスクリプションと言い、身近なところでは月々一定の料金で聴き放題の音楽ストリーミングや、漫画読み放題、映画やドラマ見放題などを利用している人も多いと思います。そこからイメージすると、毎月一定額を支払うならローンと同じでは? カーシェアとはどう違うの? といった疑問を持つかもしれないですね。

 じつはクルマ関連のサブスクには、単に月々の費用が一定となるだけでなく、個人がクルマを所有するにあたって、これまでちょっと面倒だなと思っていたことや、負担となっていたものが、一気に解決するというメリットもあります。もちろん、サブスクには合わない使い方もあるのですが、もし条件が一致する人なら得をすることもたくさん。今回はそんな、クルマ関連のサブスクで得をする人とはどんな人なのか。逆に、サブスクにしない方がいい人とはどんな人なのか、ご紹介したいと思います。

【関連記事】3年後高く売れるクルマはコレだ! 残価設定率の高いクルマ5選

ホンダのサブスクのイメージ画像はこちら

 まず、サブスクの大きなメリットは3つ。1つは、最初にまとまった大きな出費がなくなるため、大金を準備しなくてもよいということです。それなら、頭金を少額にしてローンを組んでも同じだと思うかもしれませんが、サブスクの場合は契約年数がだいたい3年〜7年程度となっており、その時点での車両価格を予想して、あらかじめ差し引いた金額を均等割していくイメージ。なので、たとえば300万円の車両で5年後に100万円の価値が残っていると予想されれば、支払いは200万円分のみとなります。

 残価設定ローンも同じ仕組みですが、異なるのはサブスクの場合には、月々の支払額に税金や保険代、車検やメンテナンス費用がまるっと含まれているということ。なので、購入から1年後に任意保険の更新でまとまった金額の支払いが必要となったり、購入後にちょこちょこやってくる出費の波がフラットになるところがメリットです。ローンにしろ現金一括にしろ、購入した場合には、車検費用や税金、保険代などに備えて貯金しておかなければいけませんが、サブスクならずっと支払いが安定しているので、家計にも組み入れやすいというメリットがあります。なので、毎日クルマを使うから本当は購入したいけど、まとまった頭金が用意できない、月々の支払いをローンより抑えたい、という人はサブスクを利用することによって、すぐにマイカーを手に入れることができたり、自己資金のみで買うよりちょっといいクルマに手が届いたり、得をする人といえるでしょう。

トヨタのサブスクのイメージ画像はこちら

 続いてサブスクのメリット2つ目は、クルマを安全に乗るために欠かせないメンテナンスもお任せで大丈夫というところ。いつどんなメンテナンスをすればいいのかよくわからない、自分で整備工場などを探すのは面倒、費用が心配だという人も、車検や法定点検、オイル交換などの走行距離などに応じたメンテナンスがセットになっているので安心なのです。自分で整備工場に持ち込むと、必要のないところまで手を入れて高額な費用を請求されたりするかもしれない、といった不安もありますが、サブスクなら費用も含まれているし、点検などの時期になると案内が届くので安心です。

画像ギャラリー


新着情報