ダイハツの軽クロスオーバーに特別仕様車を新たに設定! タフト「ダーククロム ベンチャー」が先行受注を開始

ダイハツの軽クロスオーバーに特別仕様車を新たに設定! タフト「ダーククロム ベンチャー」が先行受注を開始

この記事をまとめると

■ダイハツ・タフトの特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の受注開始

■グリルやボディカラーにダークカラーを採用することで引き締まった印象となった

■ベース車に9インチのディスプレイオーディオをオプション設定するなど商品力を強化

ダークな色合いを用いて無骨さを強調

 ダイハツの軽クロスオーバーとして2020年に登場したタフト。スカイフィールトップという特徴的なガラスルーフを全車に装備することで開放的な室内空間を演出。アウトドアにも似合うクルマとして、ダイハツのラインアップのなかでも人気の高いモデルとなっている。

 そんなタフトに新たに設定される特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の概要が公開され、先行受注も開始された。

【関連記事】「生活の変化」で乗るべきクルマを変えるのが吉! 3パターンの「女性」が選ぶべき軽自動車6台

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」のエクステリア画像はこちら

 この「ダーククロム ベンチャー」は、エクステリアにダークブラックメッキで塗装されたフードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、ブラックマイカメタリック塗装のドアハンドルとドアミラー、ガンメタリック塗装のアンダーガーニッシュ、15インチアルミホイールなどが与えられ、タフトのタフな印象を強調したモデルとなっている。

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」のフロントフードガーニッシュ画像はこちら

 インテリアは、エアコンの吹き出し口やインパネシフトのパネル、メーターパネルなどにダークシルバーを採用し、無機質で無骨な雰囲気を演出した空間とした。

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」のインテリア画像はこちら

 また、今回の特別仕様車の設定に合わせて、追加オプションが設定され、ベース車両の商品力も向上。

 まず、9インチのディスプレイオーディオをメーカーオプションとして新たに設定。Android AutoとApple CarPlayにも対応したため、アプリの使用がよりスムースにできる環境が整備された。

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」の9インチディスプレイオーディオ画像はこちら

 さらに、新たなボディカラーとしてセラミックグリーンメタリックとクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色を設定して、カラーバリエーションの充実を図った。

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」のクロムグレーメタリックのフロントスタイリング画像はこちら

 そのほかにも、ディーラーオプションとしてダークブラックメッキ調のフードエンブレムやブラックのルーフキャリア、ダークブラックメッキの前後エンブレムセットなどが用意され、これらを装着することでさらにアウトドアが似合うクルマに仕上げることもできるようになった。

ダイハツ・タフト「ダーククロム ベンチャー」のディーラーオプション装着車のフロントスタイリング画像はこちら

 タフト「ダーククロム ベンチャー」は2022年秋頃の発売を予定。

 ダークな色合いをキーカラーとして採用した「ダーククロム ベンチャー」の登場とベースモデルの商品力強化により、ますますタフトの人気に拍車がかかりそうだ。

画像ギャラリー


新着情報