「ダイハツ タフト」の記事一覧

ダイハツ タフトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

あえての無塗装! 樹脂フェンダーで無頼漢っぷりがイケてるクルマ3選

この記事をまとめると ■樹脂製のフェンダーを装備していたクルマを振り返る ■ただ貼り付けただけではなく、機能などをしっかり持たせている ■スポーツモデルに採用されていたが、通常モデルでもそれが採用された例もある 賛否両論...

続きを読む...

じつは多い「駐車恐怖症」! クルマでの外出が苦じゃなくなる本当に使える「駐車支援機能」5選

この記事をまとめると ■自動で駐車してくれる機能が軽自動車にまで普及している ■一般的なバック駐車だけでなく、縦列や線のない場所でも可能なクルマも存在 ■クルマから降りてスマートフォンで操作するシステムも実用化されている...

続きを読む...

成功者は「緑」を身につけるという噂も! 緑色のボディが印象的なクルマ7選

この記事をまとめると ■グリーンが印象的なクルマは意外にも多い ■限定車やオーダーで頼める特別なグリーンも存在する ■成功者はグリーンを愛用しがちらしい 心が落ち着くグリーンの愛車でのんびりドライブはいかが?  心を落ち...

続きを読む...

雰囲気で買うと「ブーイング」必至! ファミリーカーっぽいのにファミリー向きじゃないクルマ5台

この記事をまとめると ■コンパクトカーだと開口部の狭さが仇となるケースが多い ■大きすぎる車体は行き先が制限されがち ■足まわりが硬いと同乗者から不満が出る場合があるのでちゃんと試乗すること ファミリーユースに向いてそう...

続きを読む...

ダイハツ・タフト&ウェイクに特別仕様車を設定! 上質さやアクティブ感をアップ

キャストもオートライトを標準化して安全性向上  ダイハツは、人気軽自動車「タフト」および「ウェイク」に、特別仕立ての内外装や上質感を高めた特別仕様車を設定し発売した。  SUVテイストをプラスし、日常使いからレジャーなど...

続きを読む...

ダイハツ・タフトに圧倒的な個性を実現! DAMDが提案する「80’s」「little D.」2台のコンプリートカーがオシャレすぎた

アクティブ派に人気の話題モデルををダムドが大胆アレンジ! 「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに誕生した、ダイハツが提案する軽クロスオーバー「タフト」。スクエアなボディと高い…

続きを読む...

デカイはエライだったオヤジ世代よ「軽なんて……」は捨てるべき! イケてるオヤジの「男っぷり」が上がるKカー7選

アクティブなオヤジにピッタリの軽自動車も存在する!  クルマがモテ道具だったり、成功者の証だった時代に青春を送ったオヤジ世代としては、いくら「最近の軽自動車はよくできてる」と聞いても、心のどこかで「でも、軽なんて」と思っ…

続きを読む...

【ムービー】筑波オブ・ザ・イヤー2020はどのクルマに? CARトップ恒例サーキットテストPart2

話題の軽自動車やSUVの実力はどうか?  姉妹誌のCARトップが長年行っている、注目の新車の性能をチェックする筑波サーキットテスト。2020年も魅力的な新車を多く走らせて評価してきた。  今回は、その集大成となる、筑波オ...

続きを読む...

新社会人&新入生はクルマを武器にする! 200万円以下でタイプ別「好印象を得られる」新車5選

愛車の選択によって初対面の人に与える印象も変わる!  暦の上ではもう春を迎え、そろそろ新生活に向けての準備を始める人も多くなってくるころですね。春から新しい職場や学校になるため、クルマで通勤や通学をすることになるという人…

続きを読む...

悪路もアウトドアも無縁! それでも初心者や運転が苦手な人にコンパクトSUVをすすめる5つの理由

初心者が苦手としやすい日常の運転シーンを助けてくれる  いまやどのメーカーも2〜3モデル以上はラインアップしているほど、人気となっているSUV。老若男女問わずSUVを愛車に選ぶ人が多い理由は、同価格帯のコンパクトカーやセ...

続きを読む...

見た目! 使い勝手! 運転のしやすさ! 三拍子揃った「女性にオススメ」2020年登場の最新車7台

人気の小型のクロスオーバーSUVも選択肢は多数!  世の中が一変してしまった2020年でしたが、そんな苦難にも負けず、新型車の登場に関しては1989年以来のヴィンテージイヤーと言われた1年でもありました。メーカーの看板車...

続きを読む...

買えば強制的に付いてくる「巨大サンルーフ」! ダイハツ・タフトの「ガラス屋根」にデメリットはないのか?

スカイフィールトップは全車に標準装備される  2020年、これまでに発売された国産新型車のなかで、比較的買いやすい価格(135.3万円~)、ミニマムなサイズにして、超目玉、今こそ買いの1台が大注目されている軽自動車が、ピ...

続きを読む...

いまどき軽自動車の充実ぶりが凄すぎる! 遊びが数倍楽しくなる「趣味別」おすすめKカー5台

車中泊やウインタースポーツにピッタリなクルマも!  カーシェアやサブスクの利用者が増えたり、EVやスモールモビリティが受け入れられてきたり、今、クルマの乗り方やクルマに対する価値観が多様化しています。でも1つ変わらないこ...

続きを読む...

すべてが満点じゃないからあえての指摘! 大人気最新車8台の「気になる」トコロ

大注目の人気モデルにもネガな部分が存在する!  2020年の新型車は豊作で、それらの多くは人気車となっている。しかし、そんなクルマたちでも完全というわけにはいかない。今回は最新人気車の気になってしまうネガなところを挙げて...

続きを読む...

かつての「鉄板」は通用しない! 女子が望む今どき「デートカー」事情とは

クルマを「もって」なくても問題なし! 「デートカー」という呼び名そのものに、ちょっと昭和のかおりがするかもしれませんが、それもそのはず。バルブ景気で日本中が活気にあふれていた1980年代半ばから1990年代前半にかけて、...

続きを読む...

デイリーランキング