電子機器って熱に弱いんじゃないの? 最近のクルマが「コンピュータ」をエンジンルーム内に設置するワケ (1/2ページ)

電子機器って熱に弱いんじゃないの? 最近のクルマが「コンピュータ」をエンジンルーム内に設置するワケ

この記事をまとめると

■熱に弱いはずのECUだが、最近は高温になるエンジンルーム内に設置される場合が多い

■ECUをエンジンルーム内に設置する理由は配線の短縮と室内空間の確保にある

■最近のECU関連電子部品の耐熱温度は125度ぐらいとなっているため問題ないとされている

制御する機器とECUの距離が近ければより精度が高まる

 電子機器は熱に弱い。パソコンやスマホも例外ではない。しかし、最近のクルマのエンジン制御用のコンピュータ、いわゆるECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)は、よりによってエンジンルームのなかにある。

【関連記事】アクセルもブレーキも「意向」を伝えるだけ! いまのクルマは「人間の操作」に忠実に動いていなかった

最近のクルマのエンジンルーム画像はこちら

 エンジンルームは最高で 120度にも達するといわれる超高温の世界。平成初期の国産車では、そうした高熱を避けるために、ECUは車室内搭載がスタンダードだった。

 にもかかわらず、2010年頃から電子機器の大敵、熱と湿気が厳しいエンジンルーム内にECUが移設されたのはなぜなのか。

 その主な理由は配線の短縮と室内空間の確保といわれている。と同時に、ECUとセンサー類、アクチュエーター類の距離が近づくと、それだけフィードバックの精度も上がるので、燃料の噴射量やタイミングもより最適化され、燃焼効率と燃費の向上、排ガスの有害成分低減につながるというメリットがあるからだ。

ECUによって制御されるエンジンのイメージ画像はこちら

 その実現のために、自動車メーカーからは、電子部品メーカーに対し、より耐熱性が強く、放熱性に優れ、なおかつコンパクトなECUを要求し続けてきた。

画像ギャラリー


新着情報