「あおり運転」での罰則は「自転車」にもあった! 摘発の対象になる「危険行為」とは (1/2ページ)

「あおり運転」での罰則は「自転車」にもあった! 摘発の対象になる「危険行為」とは

この記事をまとめると

■自転車でも危険行為による妨害運転という項目があり、摘発の対象となっている

■違反を3年間に2回した14歳以上は自転車運転者講習の受講が義務付けられる

■自転車は歩行者ではなく車両に分類されることを意識して安全運転に努める必要がある

自転車の交通違反が社会問題となっている

 自転車にも、クルマでのあおり運転に相当するような危険行為がある。妨害運転という項目だ。交通の危険の恐れがあったり、著しい交通の危険だったりが対象とされる。2020年6月の改正道路交通法により規定された。執拗にベルを鳴らす/不必要な急ブレーキを掛ける/逆走するなどが摘発の対象になる。ほかに、信号無視や酒酔い運転、通行区分違反など、14項目が違反として規定されている。

【関連記事】交通弱者を振りかざし赤信号でものんきに横断を続ける歩行者! 道交法違反になるのか?

道路の中央を走る自転車画像はこちら

 これら違反を、3年間に2回した14歳以上は、自転車運転者講習の受講が義務付けられる。この受講命令に従わないと、5万円以下の罰金の対象となる。

 そもそも、自転車は道路交通法で軽車両に規定されている。標識に従った利用が求められる。スマートフォンを見ながら、傘をさしながらというながら運転は禁じられ、歩行者優先、左側通行といったことがクルマやバイクと同じように求められる。

自転車にもあおり運転に相当する危険行為がある画像はこちら

 これらは、あおり運転などを規定した15項目に具体例が示されているわけではないが、安全運転義務違反として危険な行為のひとつとなり、取り締まりの対象となるだろう。

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治

画像ギャラリー


新着情報