走りを極めた特別なファイナルモデルが登場! ボルボの人気ワゴン「V60」に150台だけの特別限定車と特別仕様車が登場 (1/2ページ)

走りを極めた特別なファイナルモデルが登場! ボルボの人気ワゴン「V60」に150台だけの特別限定車と特別仕様車が登場

この記事をまとめると

■ボルボV60にふたつの特別モデルが登場

■走りに特化した「V60 Recharge Polestar Engineered」は150台限定となる

■専用内装などを装備した特別仕様車「V60 B4 Ultimate Dark Edition」も設定された

ポールスターを手に入れるならいまが最後のチャンス!

 北欧のプレミアムブランド「ボルボ」は、長年日本で愛されているメーカーでファンも多い。とくに安全性にはかなりのこだわりを持っており、世界中から高い評価を受けていることでもお馴染みだ。

 そんなボルボのラインアップのなかで、ミドルクラスワゴンとして日本でも多くのユーザーに愛用されている「V60」に、特別限定車となるモデルと特別仕様車の2台が登場し、受注を開始した。順番に見ていきたい。

 まずは特別限定車として設定された「V60 Recharge Polestar Engineered」。このモデルは名前の通り、ボルボのハイパフォーマンス車両やモータースポーツ車両の設計・開発を手掛ける「Polestar(ポールスター)」が手掛けたハイパフォーマンスなV60だ。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレインを搭載するV60 Rechargeのハイエンドモデルという位置づけとなっており、ボルボ60シリーズで唯一、もっともパワフルなT8 AWDパワートレインを搭載しているのが特徴だ。

【関連記事】真のセレブは「わかってる感」のある「外し系」! 独断と偏見で「富豪」にオススメの「セカンドカー」を選んでみた

V60 Recharge Polestar Engineered画像はこちら

 出力は462馬力(317馬力/400Nm+145馬力/309Nm)という圧倒的なパワーを発揮しているほか、EV走行では87kmほど走ることが可能となっている。これだけの高出力を誇りながらも、ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/Lを実現していることもトピックだ。

 この強大なT8 AWDパワートレインの高出力を受け止めるシャーシは、「Polestar」のチューニングが施された特別仕様で、代表される装備として「オーリンズ製DFVショックアブソーバー&強化スプリング」を採用。

V60 Recharge Polestar Engineeredサスペンション画像はこちら

 同サスペンションは22段階の減衰力調整が可能な本格派であるほか、強大なパワーを確実にコントロールするブレーキには、Brembo製6ピストン・フロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/371mm)が採用されている。

V60 Recharge Polestar Engineeredブレーキ画像はこちら

 このほかにも、ボディ剛性を確実にアップさせるストラットタワーバーや19インチの専用鍛造アルミホイールを装着する、まさに本格派スポーツワゴンとなっているのだ。この特別なV60は、全国150台限定での販売を予定しているほか、今回の導入をもって販売終了となるので、気になる方はお早めにお問い合わせを。価格は969万円となる。

画像ギャラリー


新着情報