【試乗】カワイイ+最新装備+ターボも追加って無敵じゃないか! 2代目ムーヴキャンバスが想像以上にスゴイ (2/2ページ)

進化の幅は見た目以上!

 百聞は一見にしかずということで、まずはノンターボのストライプスの上級仕様「G」2WD仕様のハンドルを握ってみる。石畳の路面から走り出すという、クルマにとっては走りの質が問われる厳しいシチュエーションといえたが、ダンロップのENASAVE、14インチタイヤはマイルドな当たりでなかなか快適な印象を受けた。路面のうねりや段差を乗り越える際は適度に沈み込みながら、しなやかな足どりで乗り越えてみせる。

【関連記事】これなら娘だけじゃなくてパパも使える! ついにターボも設定された「ダイハツ・ムーヴキャンバス」の進化っぷりが圧巻

ムーヴキャンバス走り画像はこちら

 振り返ってみると、これまで女性向けと言われたクルマのなかにはハンドルの手応えを減らしたり、ふんわりした乗り心地を意識したモデルが存在していたが、優しげな反面、ハンドルを切り込む手数が多くて煩わしく感じる場面に遭遇したり、車速が上がってカーブを走るとふらつきが大きくなるクルマもあったりした。その点、今回のキャンバスは最新のDNGAの思想に基づくしっかりとした作り込みがベースとなっているため、走りの質と快適性の面で格上の走りを手にしていると感じる。料理で例えたら、しっかりと出汁がとられた料理が美味しく味わえることに似ているのかも知れない。

ムーヴキャンバスインカー画像はこちら

 さらに足を伸ばしてカーブに差し掛かると、ハンドルの切り込みに対して穏やかに反応してみせる印象で、程よいロール感とともに優しく姿勢を変化させていく。自然吸気エンジンながら、出足からしっかりとしたトルクを発生して車体を前に進めていけるもので、市街地を走る上でモタつきが気になるようなこともなかった。

ムーヴキャンバスNAエンジン画像はこちら

 お次はキャンバスに新たに設定されたセオリーの「G ターボ」2WDに試乗してみる。タイヤサイズは155/65R14でノンターボのGと同じだが、ターボの試乗車にはブリヂストン ECOPIAが装着されていた。石畳の上ではこちらのほうが当たりが硬めに感じられたため、穏やかな乗り心地を期待するならダンロップのほうが良かったなと思わせたが、高速道路のジャンクションのような場所を走らせてみると、ハンドル操作に対してレスポンスよく反応してみせる感覚がスポーティで気持ちよく走らせられた。

ムーヴキャンバス走り画像はこちら

 肝心のターボエンジンは、低速域から高速域まで効率的にエンジンの力を引き出しながら環境性能も両立させるD-CVTとの組み合わせとあって、実際の排気量以上の力強さをみなぎらせてくれる印象を受けた。アクセルペダルを軽く踏んでいるときは穏やかでスムースに走る一方で、高速道路の追い越しで深く踏み込むと、踏み足し直後からレスポンスよく力強さが上乗せされていく。

ムーヴキャンバスターボエンジン画像はこちら

 さらに、キャンバスには運転支援機能「スマアシ」の最新版が搭載されている。前走車との車間を維持して追従走行を行うクルーズコントロールは車線内をトレースして走る操舵支援機能もついているので、活用すれば高速道路を使った長距離移動の疲労を減らすこともできそうだ。

 キープコンセプトだからといって侮るなかれ。一見した印象は変わらない新型キャンバスだが、ストライプスとセオリーというふたつのキャラクターを設定し、ターボエンジンの追加でターゲット層を拡げている。使い勝手のいい装備の数々は毎日の移動で向き合って有り難みを感じさせてくれそうなものであるし、デジタル化したライフスタイルに寄り添う機能性、スマアシの安全安心装備もさらに手厚く進化。走りの質を大幅に向上させていることなど、かわいさの裏側で、じつはもの凄く欲張りなモデルに進化していたのだった。

2代目ムーヴキャンバスに試乗してみた画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報