可愛さと便利さそのままに走りも強化で死角なし! 異なる世界観を表現したふたつのグレードを用意してダイハツ・ムーヴキャンバスがフルモデルチェンジ (1/2ページ)

可愛さと便利さそのままに走りも強化で死角なし! 異なる世界観を表現したふたつのグレードを用意してダイハツ・ムーヴキャンバスがフルモデルチェンジ

この記事をまとめると

■ダイハツ・ムーヴキャンバスが6年ぶりにフルモデルチェンジを実施

■意匠の異なる「ストライプス」と「セオリー」の2グレードを用意する

■快適装備などユーザーの使い心地に配慮した改良も施された

走行性能も新骨格を採用してグレードアップ

 2016年に登場したダイハツ・ムーヴキャンバスは、可愛らしスタイルが特徴のコンパクトワゴンで、累計販売台数38万台超を誇る人気モデルだ。

 そんなムーヴキャンバスが6年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施した。

 新型となったムーヴキャンバスは、先代で好評だったスマイルフェイスの可愛らしいマスクと丸みを帯びたフォルムを受け継ぎ、DNGAプラットフォームの採用やターボの設定などにより走りも強化したという。

【関連記事】圧倒的一人勝ちのホンダN-BOXにはない魅力をもつ軽自動車6選

ダイハツ・ムーヴキャンバスのサイドビュー画像はこちら

 まず外観だが、初代のアイデンティティを継承している「ストライプス」と、シックなボディカラーで大人びたデザインが特徴の「セオリー」というふたつのグレードを用意した。

「ストライプス」では、可愛らしさはそのままに、丸みをより強調することで先代のムーヴキャンバスらしさを表現している。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・ストライプスのフロントスタイリング画像はこちら

「ストライプス」では、新たにアプリコットピンクメタリックとシトラスイエロークリスタルシャインのボディカラーを追加。全車がツートーンカラーを採用する。

 一方「セオリー」は、落ち着いた色使いにアクセントとしてメッキを各部に加飾することで上質なクルマに仕上がった。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・セオリーのフロントスタイリング画像はこちら

「セオリー」は、シックな色相のモノカラーのボディ色が大人っぽさをアピールする。

 内装に関しても「ストライプス」と「セオリー」では仕様が異なる。

「ストライプス」は白を基調としたインパネとファブリックシートを採用。落ち着きがありながらも明るい印象を抱く。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・ストライプスのインパネ画像はこちら

 一方「セオリー」では、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブなどで落ち着いた雰囲気を演出。ブラウンとネイビーを組み合わせたインパネにより上品なイメージに仕上げられた。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・セオリーのインパネ画像はこちら

 また、メーカーオプションとディーラーオプションを組み合わせることで、ムーヴキャンバスで新たな世界観を表現した、3つの異なるスタイルパッケージが設定されているのも特徴だ。

「リラックススタイル」は「ストライプス」専用で、ホワイトやメッキをアクセントとした外装パーツとライトウッド調の明るい内装パーツで可愛らしさを表現。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・ストライプス・リラックススタイルのフロントスタイリング画像はこちら

「エレガントスタイル」は「セオリー専用」。メッキを中心とした外装パーツがあしらわれたエクステリアに、さりげなくメッキ調の内装パーツが使われるインテリアを組み合わせ、上質感とシックな雰囲気を演出する。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・セオリー・エレガントスタイルのフロントスタイリング画像はこちら

 メッキ中心の外装パーツ、ダークブラウンやさりげないメッキ調の内装パーツで、上質感と落着きのあるシックな雰囲気を演出

「ビタースタイル」も「セオリー」専用で、ブラックを基調とした外装パーツとダークブラウンの内装パーツを使い、高い質感と渋さを強調する仕様となっている。

ダイハツ・ムーヴキャンバス・セオリー・ビタースタイルのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報