車検直後に「乗り替え」を勧められる異常事態! もはや新車市場は「納期不明」が問題だった (1/2ページ)

車検直後に「乗り替え」を勧められる異常事態! もはや新車市場は「納期不明」が問題だった

この記事をまとめると

■2022年6月の新車販売台数が発表された

■登録車の台数の落ち込みが激しいことがわかる

■理由や今後の納期について解説する

例年の6月の傾向とは異なる結果となった

 毎年6月は新車販売にとっては、“夏商戦”のスタート月であり、暦年締めでの上半期末や四半期決算月ということもあるので、各ディーラーはいつにも増して販売促進活動を強化し、1台でも多く登録(軽自動車は届け出)させるべく営業活動を展開するので、販売台数も自ずと多くなる。

 しかし、自販連(日本自動車販売協会連合会)、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した、2022年6月単月の新車販売台数をみると、いつもの6月とは思えない結果となっている。まず登録乗用車は16万9680台となり、前年同期比で85.7%となっているのだが、新型コロナウイルス感染拡大直前となる2019年6月比では約68%。一方軽四輪乗用車は9万8397台となり、前年同期比では99.9%と健闘、2019年6月と比較しても約82%となっているので、登録車ほどの落ち込みは見せていないようだ。

 メーカー別でみると、軽四輪乗用車のみでは前年同月比で100%越えをしたのが、スズキと日産、三菱となっている。日産はサクラ、三菱はeKクロスEVという軽自動車規格BEV(バッテリー電気自動車)が発売になったばかりなので販売増に寄与したことが考えられる。

【関連記事】すでに納期遅延が深刻! 人気はノア! ついに発売された「ノアヴォク」の現状を販売現場に直撃した

三菱eKクロスEVのフロントスタイリング画像はこちら

 スズキについては、ここのところ“生産遅延が深刻”といった話も聞かれたが、メーカーとして6月の新車販売を重視する傾向があったので、可能な限り生産を行い出荷したのかもしれない。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報