「コロナ」「ウクライナ」「半導体不足」と自動車界には逆風だらけ! 新車価格の「大幅値上げ」も現実的なところまできた (1/2ページ)

noteで書く
「コロナ」「ウクライナ」「半導体不足」と自動車界には逆風だらけ! 新車価格の「大幅値上げ」も現実的なところまできた

この記事をまとめると

■材料費の高騰により一部輸入車では装備の見直しと価格改訂による値上げが行われている

■クルマの場合、単価が高いため値上げされるとその差額が大きくなる

■当面の間、日本車の新車価格に対して厳しい社会状況が続きそうだ

日用品だけでなく新車価格が値上げされる日も近い?

「餃子の王将」が2022年5月14日から値上げする。たとえば、定番の餃子は、通常品の税込み242円(東日本価格264円)が、264円(286円)に。また、ラーメンが528円(550円)が550円(572円)へと価格が改訂される。

【関連記事】買ったのに乗れない! いま話題の新型車の「納期遅延」が常態化しているワケ

餃子のイメージ画像画像はこちら

 値上げの理由について、運営会社の王将フードサービスは、小麦や食用油など調理に使う原料価格の高騰や、原料などを輸送する運送費でもガソリンやディーゼル燃料価格の上昇の影響があるとしている。

ガソリン価格高騰のイメージ画像画像はこちら

 その他、ビールやコーラ、パン、お菓子など、毎日の生活に直結する食料品関連の値上げが続いている。また、家電も値上げする。メーカーによって違いがあるが、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、オーディオ、レーザープリンターなど多岐に渡る。

 こうなってくると、新車価格も上がるのではと、心配になってくるのは当然だろう。実際、一部の輸入車メーカーでは、すでに価格改訂を行い、事実上の値上げとなっており、今後の社会情勢によっては日本車の新車価格が上がることも十分に考えられる。

メルセデス・ベンツGLSのフロントスタイリング画像はこちら

 クルマの場合、単価が数百万円から数千万円なので、同じ1割値上げでも、餃子なら数十円なのに対して、数十万円から100万円超え、という単純計算になる。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報